検索のタイミングで出るから「しつこくない」検索広告向けリマーケティング(RLSA)

 

検索広告向けリマーケティングと通常のリマーケティングとの違い

Google広告の検索広告向けリマーケティング(RLSA: Remarketing Lists for Search Ads)は、自社サイトに過去に来てくれた人に再度広告を表示させるリマーケティング広告の一種ですが、「いま検索している人」に対して検索結果に広告を再表示させるのが、通常のリマーケティングとの大きな違いです。

通常のリマーケティングの場合は、自社とは関係のない他のサイト、ブログ、YouTubeなどに表示されることで、自社の商品やサービスを思い出してもらう機能です。

たとえば休憩時間にYouTube動画を楽しんでいるときに関係のない広告が表示されるので、通常のリマーケティングはやりすぎるとしつこい広告と思われてしまう危険もあります。

その点、検索広告向けリマーケティングは、検索結果に表示されるリマーケティング広告なので、ユーザーが能動的に何かを知りたいと思っているタイミングで広告が表示されることになります。

なおかつ、その広告内容もユーザーが検索しているキーワードに関連させて出せるので、思い出してもらうタイミングとしては通常のリマーケティングよりもかなり気の利いたタイミングで広告を出せるということになります。

また、リマーケティングではない通常の検索広告との違いは、その人が過去に自社サイトに訪れたかどうかの情報を利用する点です。

一度でも自社と接触があり、検索するタイミングで、検索キーワードに関連した広告を出せるのが検索広告向けリマーケティングということになります。

検索広告とリマーケティングのいいとこ取りなので、コンバージョン率が高くなりやすく、入札単価を高くしても費用対効果が得られる場合が多いのが特徴です。

機能としては、リマーケティングリストを分けて、それぞれに対して別の広告を表示させることもできます。

検索広告向けリマーケティングを実施するには、リストごとに1,000個以上のユニークなCookieが追加されている必要があります。

 

機械学習と検索広告向けリマーケティング

ちなみに検索広告向けリマーケティングは、データドリブンアトリビューションスマート自動入札といった機械学習の仕組みと組み合わせて使うことをGoogleは推奨しています。

“機械学習の時代における広告運用のあり方「オーディエンス × 自動入札 × アトリビューション」”

データドリブンアトリビューションというのは、ルールベースではない機械学習を使ったアトリビューション(ユーザーの購入判断までのプロセスにおいて広告ごとのコンバージョンへの貢献度を測ること)最適化の機能です。

検索広告向けリマーケティングは、最初のサイト訪問と次の検索行動という少なくとも2回以上の能動的なシグナルを利用する仕組みですから、機械学習のデータドリブンアトリビューションやスマート自動入札とも相性が良いと考えられます。

Pocket


【改善保証】のリスティング広告
CV単価が改善しなければ無料
まずはお試し50%の予算だけ代行
→ 詳しくはこちら






0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>