水道修理業のリスティング広告集客:キーワード「水道修理」の分析

キーワードの分類
この記事を書いた人
石黒 文康

約15年間リスティング広告を中心にネット集客に携わる。中小企業診断士の資格を所持。シンガポールや台北で過ごした経験も。名古屋出身で、今も名古屋在住。ほぼ毎朝、自宅近くの川沿いでスロージョギングしてます。

石黒 文康をフォローする

水道修理業がリスティング広告を使って見込み客を集める場合、まず重要になってくるのがキーワード選びです。

どのキーワードを選んで広告を出すか、そしてどのキーワードを除外して広告が表示されないようにするかという最初の判断が、リスティング広告運用の結果を大きく左右します。

今回は、「水道修理」というキーワードの関連キーワード43個について分類整理して見ていきます。

「水道修理」の関連キーワード一覧
「水道修理」の関連キーワード一覧

「水道修理」関連の検索キーワードは主に以下の3つに分類できます。

  • 水道修理の業者を探している検索キーワード
  • 地名付きの検索キーワード
  • その他の検索キーワード

「修理」という言葉が付いているので、ほとんどのキーワードが業者を探しているキーワードになりますが、その他の検索キーワードの中に一部、広告が表示されないよう除外すべきキーワードが含まれます。

それでは一つずつ見ていきます。

 

水道修理の業者を探している検索キーワード

まずは水道修理を依頼できる業者を探している検索キーワードの一覧です。

水道修理の業者を探している検索キーワード
水道修理の業者を探している検索キーワード

「口コミ」「屋」「業者」「料金」「見積り」といったキーワードが付く場合は明らかに業者を探している検索キーワードだと判断できます。

ただ、「口コミ」「ランキング」「評判」などの比較情報を探している検索キーワードや「相場」といった情報を探している検索キーワードは、その他の検索キーワードよりも優先度は低くなります。

例えば「水道修理 ランキング」という指名検索のGoogle検索結果はこのようになります。

「水道修理 ランキング」のGoogle検索結果
「水道修理 ランキング」のGoogle検索結果

上にリスティング広告が4つ並んでいます。

その下の自然検索結果を見てみると、水道修理業者のランキングサイトが並んでいます。

「ランキング」や「口コミ」「評判」といったキーワードを付けて検索する人はこのような比較型のコンテンツをまずは見たいと考えているので、「屋」「業者」「見積り」といった今まさに業者をピンポイントで探しているキーワードと比べると、無駄な広告をクリックが増えてしまうと考えられます。

ですから、このような比較型の検索キーワードは、運用がある程度落ち着いてきてから追加する方法もあります。

また、このような比較型コンテンツのサイトは、ほとんどがアフィリエイトサイトになるので、アフィリエイトASPに登録したり、これらの上位サイトの運営者に連絡を取って掲載について交渉してみるのもリスティング広告とは別のアプローチとしてありです。

 

地名付きの検索キーワード

次に地名付きの検索キーワードについて見てみます。

地名付きの検索キーワード
地名付きの検索キーワード

「水道修理」も地名付きでよく検索されるキーワードです。

地名付きは近くの業者を探している検索キーワードなので、広告を表示する地域の地名についてはすべて登録しておきましょう。

 

その他の検索キーワード

最後にその他のキーワードを見ていきます。

その他の検索キーワード
その他の検索キーワード

まず「求人」というキーワードは、サービス提供者側が検索するキーワードなので、除外キーワードとして登録します。

「方法」「部品」というキーワードは、自分でなんとかしたいキーワードなので、これらも除外しておきましょう。

「ジョイフル本田」というのはホームセンターの名称なので、駆け付けでサービスをしてもらいたい人ではないことが分かります。このような店舗の名称も除外しておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

「水道修理」という検索キーワードは、大きく以下の3つに分類できました。

  • 水道修理の業者を探している検索キーワード
  • 地名付きの検索キーワード
  • その他の検索キーワード

業者を探しているキーワードの中でも、優先して登録すべきキーワードと、「ランキング」「口コミ」など最初は登録を見送ってもいいキーワードに分かれます。

また「水道修理」は基本的には業者を探している検索キーワードですが、中には「求人」「部品」といったように除外する必要のあるキーワードもあります。

特に「求人」関連のキーワードは、地名付きでも検索される可能性もありますので(「水道修理 大阪 求人」など)、キャンペーン単位の除外キーワードとして幅広く広告が表示されないようブロックしておくことが必要です。

タイトルとURLをコピーしました