【本質】リスティング広告キーワード選びで大切な3つの軸とは?

リスティング広告の基本
この記事を書いた人
石黒 文康

約15年間リスティング広告を中心にネット集客に携わる。中小企業診断士の資格を所持。シンガポールや台北で過ごした経験も。名古屋出身で、今も名古屋在住。ほぼ毎朝、自宅近くの川沿いでスロージョギングしてます。

石黒 文康をフォローする

この記事では、リスティング広告におけるキーワードの選び方について、ツールで導き出した様々なキーワードから、使えるキーワードをどのように選別すればいいのか?という疑問について、キーワードの質的な側面から考えていきます。

特にこれからリスティング広告を始めたい方にとっては、この記事を読むことによって以下のメリットが得られます。

  • 無駄なキーワードでのリスティング広告出稿が減る。
  • 除外キーワードをリスティング広告の開始前からある程度設定できる。
  • キーワードに関連した効果の高い広告文を考えやすくなる。

この記事は、約15年間リスティング広告を専門としてネット集客に携わり、中小企業診断士の資格を持つ石黒 文康がお届けします。

リスティング広告のキーワードは「誰・なぜ・いつ」の軸で選別する

結論としては、リスティング広告のキーワードを選びで1番大切な事は、どんな人が、何のために、どのタイミングで、そのキーワードを検索しているかというのを組み合わせのキーワードごとにイメージすることです。

つまり、「誰・なぜ・いつ」の3つの軸です。英語に直すと「Who・Why・When」になります。

誰が、なぜ、いつ検索しているかと言うことをイメージしてキーワードを選別することによって、よりアクションに結びつきやすいキーワードを選ぶことができますし、選んだキーワードに対する広告文を考える際にも行動を促すキャッチコピーを考えやすくなります。

広告を出す目的は主に、問い合わせや購入などの何らかのアクションを検索ユーザーにしてもらうためだからです。

誰・なぜ・いつをキーワードごとにイメージすることによって、そのようなアクションに結びつきやすいキーワードとそうでないキーワードに分かれることが良く分かります。

どんな人が(誰が)そのキーワードを検索しているのか

それでは、「どんな人が、何のために、どのようなタイミングで」というこの3つの軸についてそれぞれ、具体的なキーワードの例を見て分かりやすく解説していきます。

ここではまず「どんな人が」という軸です。

男性向け脱毛サロンのキーワード選び具体例

例えば、男性向けの脱毛サロン集客をリスティング広告を使ってする場合について考えてみます。

キーワードツールを使って、例えば以下のようなキーワードが出てきたとします。

  • ヒゲ 脱毛
  • すね毛 脱毛
  • 脱毛 名古屋
  • レーザー脱毛
  • わき 脱毛

この場合「ヒゲ 脱毛」「すね毛 脱毛」といったキーワードは基本的に男性が検索していることがそのキーワードから想定できますが、その他の3つのキーワードについては女性が多く含まれると考えられます。

脱毛する男性というのは年々増加してきていますが、まだまだ女性の方が圧倒的にニーズが多く、男性関連のキーワードが付いていない単なる「脱毛」と言うキーワードについては、男性向けの広告を出す場合には注意しなければなりません。

「わき 脱毛」などは特に女性が多い検索キーワードだと考えられます。

逆に、女性向けに特化して脱毛サロンを運営している場合は、「すね毛、ヒゲ」といったキーワードは予め除外しておく必要があります。

リスティング広告の応用で性別もある程度特定できる

ただし応用として、Google広告の「検索広告向けデモグラフィックターゲティング」と言う機能を使うと、性別をある程度指定して検索広告を出すことも可能です。

しかしこの機能は、Facebook広告等と違って性別を高い精度で判定できるわけではないので、この機能を使う場合は性別が曖昧なキーワードのみのキャンペンや広告グループを作ってテスト的に始めるのが良いでしょう。

どんな目的で(なぜ)そのキーワードを検索しているのか

キーワードは、目的によっても選ぶべきキーワードとそうではないキーワードに分かれます。

例えば、水道修理のビジネスをしていて、リスティング広告で地域ターゲットを絞って集客する場合のキーワード選びについて具体的に考えてみます。

  • 水道修理 業者
  • 水道修理 名古屋
  • 水漏れ修理 動画
  • 水漏れ修理 パテ
  • 水漏れの原因

このキーワードの中で、水道修理業者が使えるのはまず上の2つになります。

その下の3つの赤字キーワードは、水道修理を自分でやりたい人が検索するようなキーワードと考えられます。

「水漏れ 修理」と検索してみるとわかりますが、自然検索の検索結果では、自分で水漏れを直すための動画や、通販サイトのパテなどの材料、自分で水漏れを直す方法を探している検索ユーザーに向けの記事コンテンツなどが割と多く表示されます。

「水漏れ修理 動画」というキーワードは、動画で解決策を求めているので、自分で水漏れを直したいという目的の人が検索するキーワードの可能性が高いです。

また、「水漏れ修理 パテ」というのも通販サイトで自分で水漏れ修理のパテを買って直したいというニーズが伺えます。

1番下の「水漏れの原因」というキーワードを検索した人は、結果的に業者に頼む場合も考えられますが、原因を自分で検索して突き止めたいと言うのはある程度時間に余裕があったり、自分で解決したいと言う意図が感じられるキーワードです。

同じ水漏れの修理を考えている人たちが検索するキーワードですが、業者に頼むために検索しているのか、それとも自分で直すために検索しているのかでキーワード検索の目的が分かれています。

このようなキーワードを見分けるためのコツとしては、検索結果をしっかり見てみる事が1つの答えです。

このキーワード怪しいなと思ったら、そのキーワードで実際に検索してみて、上位の検索結果にどのような情報が並んでいるかをチェックすると、検索した人の目的が見えてくることがよくあります。

どんなタイミングで(いつ)そのキーワードを検索しているか

そのキーワードをどのタイミングで検索しているのかをイメージすることもとても大切です。

具体例で考えるととてもわかりやすいので、今回は結婚相談所のビジネスで、リスティング広告を使う場合を考えてみたいと思います。

簡単に言うと、その人が結婚相談所に入会する前なのか、それとも入会した後なのかをキーワードから想像する必要があるということになります。

例えば以下のようなキーワードがあったとします。

  • 結婚相談所 大阪
  • 結婚相談所 料金
  • 結婚相談所 遠距離
  • 結婚相談所 仮交際
  • 結婚相談所 乗り換え

上の2つについては、今まさに結婚相談所を探しているタイミングで、近くにある結婚相談所や、結婚相談所ではどのくらい料金が掛かるのかを調べている段階であることが想像できます。

つまり、の2つのキーワードはタイミング的にはこれから結婚相談所に入りたいと言うキーワードであることが分かります。

赤字で書いた次の2つについては、すでに結婚相談所に入ったあとのタイミングで、ある悩みを抱えていてその悩みを解決するために検索しているキーワードである可能性が高いと考えられます。

ですので、この赤字の2つについては結婚相談所の集客でリスティング広告のキーワードとして登録する意味はないということになります。

3つ目の緑色の「結婚相談所 乗り換え」と言うキーワードについては、すでに結婚相談所に入っている人ですが、今の結婚相談所に満足できず新しい結婚相談所を探している状態なので、こういったキーワードは登録すべきキーワードになります。

このように、複合キーワードを個別に見ていくと、売りたいサービスや商品を既にすでに購入済みと言う人が意外と含まれている場合が多くあります。

つまり、関連キーワード作成ツールなどで、出てきたキーワードをそのまま登録してしまうと、無駄が多いことなります。

イメージしにくい場合は前述のように、実際の検索結果を見てみるのが1番です。

3つの軸で省くべきキーワードは除外キーワードとして使う

以上見てきたように、複合キーワードによって、誰が・なぜ・いつどんなタイミングで検索したかが異なってくることが分かりました。

自社のビジネスを売っていくのに、ターゲット、目的、タイミングがずれてしまうこれらの複合キーワードは、そのまま除外キーワードに登録することができます。

例えば、最初の脱毛の例では、男性向けに特化した脱毛サロンでリスティング広告を出す場合、「わき、脇、女性、Vライン」といった女性の脱毛特有のキーワードは除外キーワードにあらかじめ設定する必要があります。

水道修理の場合も「自分で、動画、パテ、アマゾン、楽天」といったキーワードは最初から除外しておいた方が良いでしょう。

キーワード選びのまとめ

現在は、便利なキーワード生成ツールが沢山ありますが、どんなツールを使ったとしても、誰が何のためにどんなタイミングで検索しているのかを考えることは重要です。

このキーワード選びが、特にリスティング広告の最初のスタートの成果に直結するからです。

まずはできるだけ無駄なく成果を出して、徐々にキーワードを広げていくのが理想です。

組み合わせキーワードを1つずつ、この3軸を意識しながら見ていくと、キーワードのグループ化(広告グループ作成)や広告文作成のヒントにもなります。ですので、この3軸を意識したキーワード選びというのは、リスティング広告の検索広告において本質的でとても重要な作業となります。

リスティング広告の基本
石黒 文康をフォローする
ラスタライズ株式会社
少額から集客自動化の仕組み構築「週1カイゼン保証」のリスティング広告代行

除外キーワード追加、広告文ABテスト、集客サイトのキャッチコピー変更など、週1回は必ず改善作業して報告。

効果の出やすいキーワードで勝ちを積み上げ、段階的にシェアを獲得して集客自動化の仕組みを構築。

初期設定費用なし、少額スタートにも対応、代行費は月額14,980円~。

ラスタライズのリスティング広告ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました