腰痛治療の整体院・接骨院のネット集客に役立つ「腰痛 治療」のGoogle検索結果分析とリスティング広告ケーススタディー

広告文のケーススタディー
この記事を書いた人
石黒 文康

約15年間リスティング広告を中心にネット集客に携わる。中小企業診断士の資格を所持。シンガポールや台北で過ごした経験も。名古屋出身で、今も名古屋在住。ほぼ毎朝、自宅近くの川沿いでスロージョギングしてます。

石黒 文康をフォローする

この記事では、地域の医療系サービスでリスティングを出す場合、どのような広告文にすればいいのか?という疑問に検索結果の具体例を見ながら答えていきます。

今回は、比較的ニーズの高い「腰痛 治療」という検索キーワードのGoogleでの検索結果の1ページ目を上から順に見ていきます。

主に以下のような項目について具体的に学べる内容となっています。

  • 広告文ではサービスをできるだけ具体的に表現する
  • 広告表示オプションを使って広告の表示面積と情報量を大きくする
  • 地域の表現はできるかぎり狭い地域に絞る
  • マップ上に出せる広告(Googleローカル検索広告)はチャンスあり
  • 自然検索の結果から検索ユーザーの頭の中を想像していく

この記事は、約15年間リスティング広告を専門としてネット集客に携わり、中小企業診断士の資格を持つ石黒 文康がお届けします。

広告文ではサービスをできるだけ具体的に表現

それでは上から順に広告から見ていきたいと思います。

まずは上2つの広告文の比較です。

まず一つ目の広告では、「腰痛の原因は腰にはない」ということを最初に伝えています。 

こういった広告表現は、見る人に少し驚きを与えて印象に残りやすくなります。

実際に腰痛の原因は腰にはないという話を私も聞いたことがありますが、その下の説明文のところを見ると筋肉のコリと骨盤の歪みを調整すれば腰痛が治るというように、具体的な方法(えっ?という疑問に対する答え)にも触れています。

タイトルでインパクトと疑問をもたせつつ、実際にどういった施術を行うのかということも、限られた文字数の中でシンプルに書いてある点がとても良いと思います。

また名古屋という具体的な地名と国家資格者という信頼感をあげるキーワードをタイトルに使っています。

そして最後に、「初回77%OFF」という表現で、数字を使った割引で初回訪問を促しているのもセオリー通りです。

ただ、この広告文は住所や電話、その他広告表示オプションの設定がなされていないようです。

せっかくトップに表示しているのに、広告表示オプションが設定されていないことで広告の表示スペースが2番目の広告よりも小さくなってしまっています。

広告表示オプションを充実させていくとより良い費用対効果を得られるでしょう。

2番目の広告を見ていきます。

こちらの広告表現は、1つ目の広告文と比べると全体的に表現に具体性ないように感じられます。

特に黒色の説明文のところでは、「 全体のバランスを見てその部分も調整 」と、1つ目の広告を少しソフトにぼやかした表現になってしまっていると感じます。

違いを出すとすると、例えば整体ではできない鍼灸の具体的な施術が伝わる表現を加えると良さそうです。

こちらはサイトリンクや住所などの広告表示オプションが設定されているので、上の1番に表示された広告文よりも大きな面積でより多くの情報が表示されています。

ただ、タイトルで久屋大通という地名があるにも関わらず、下の住所を示すところでは千種区春岡通りと別の場所になっています。 正確にするのであれば、地域別にキャンペーン分ける対応が必要になります。

次に3つ目の広告になります。

こちらの広告文タイトルでは、まず「緑区」というピンポイントの地域キーワードを使っています。

また、「慢性腰痛」という腰痛の中でもさらに特定の症状に絞っているのも具体的で分かりやすいです。

その2つをつなげて「唯一」と言っているのは説得力があります。

また、タイトル2行目最後の「終止符」というキーワードも、慢性腰痛に悩んでいる人にとっては期待感もたせる強調ワードで、タイトルの青文字部分は全体的に秀逸でまとまっていると感じます。

ちなみに、今私が検索している場所は名古屋の昭和区というところで、緑区とは少し距離が離れていますが、同じ地下鉄の路線上で10分程度の場所にありますので、名古屋の中でも少し離れてはいますが地元感はあります。

そして黒文字の説明文のところに「TLS 矯正」という具体的でありながら、あまり馴染みのない言葉がありますが、「メディアで話題となっている」と前置きがありますので、それはどんな方法なんだろうと興味を持たせる表現となっています。

次の64万4163人が満足というのもとても具体的でインパクトがあります。WEBサイトを見ればその実証データが示されているはずです。

さらに「初回500円」というのはとてもお得な感じがします。

この3つめ広告文は全体的にまとまっていて、地域密着サービスを行っている方にはとても参考になる広告文です。

ちなみに、こちらも広告表示オプションがありませんが、3位に表示された関係で広告表示オプションは省略されていると考えられます。

マップ上に広告、まだ皆があまりやっていないからチャンス

次に出てくるのが腰痛治療に関する現在地からの Google がおすすめする情報マップとなります。

ここでまず見て頂きたいのが一番上のはるおか鍼灸接骨院というリストの左に、広告と太字で書いてあります。

このマップ上にも広告を出すことができますが、あまりやっている人がいないのでチャンスです。

ただし、ご覧のように星印で Amazonの口コミ評価のような★がつきますし、通常のリスティングのように広告文を書くことができないので、評価がもし悪い場合は逆効果になってしまうことも考えられますのでご注意下さい。

この広告はGoogleのローカル検索広告という呼ばれる機能です。

これを表示するためには、Google広告の住所表示オプションを有効にして、 Google マイビジネスの設定も行う必要があります。 

一番上に表示される通常のリスティング広告と比べると、ローカル検索広告のクリック単価は現状ではかなり低くなるでしょう。

自然検索の結果から検索ユーザーの頭の中を想像する

では次に自然検索の結果を見ていきたいと思います。

自然検索に表示されるサイトのタイトルと説明文(ディスクリプション)は、リスティング広告の広告文よりと比べて、よりユーザの検索ニーズに寄り添った内容のものが並ぶと言えます。

リスティング広告はお金を払ってある程度自由に広告文を作って上位に掲載することができますが、自然検索の結果に上位表示させるためには、他との競争を勝ち抜いて検索ユーザーのニーズにピッタリマッチしていなければならないからです。

他のネットユーザーからの信頼を勝ち得た、情報の質の高さも一つの基準となります。

ざっと自然検索の結果を見ていくと、「腰痛」というキーワードはそもそも検索のニーズが高いのでアフィリエイトを目的とした情報サイトなども見られます。

その他、治療院や学会の情報なども自然検索の1ページ目に上がってきています。

検索ユーザーはこれらの情報に触れています。

広告をクリックして治療院に訪れる前に、ある程度の知識を備えてやってくるのが今時のお客です。

広告を出す際には、自然検索の結果やリンク先のサイトコンテンツを色々見て、検索ユーザーが今どのような知識を蓄えているかといったことを実際に確かめながら広告文を作ると良いヒントが得られることがあります。

ちなみに、少し大げさに感じる「たった3秒で腰痛が治る!」というニュースサイトの記事についがあります。

こういったニュースサイト(アフィリエイトサイト?)のタイトルは、検索結果で目立って、いかにクリックして読んでもらうかが勝負になりますので、クリック率を上げる広告文を考える際にはそのキーワードごとの実例として参考になる場合があります。

しかし、あまり大げさにクリックを誘導するという雰囲気が出てしまうと逆にクリック率は下がるというデータもあります。

どのような状況でタイトルや説明文が表示されるのかによっても効果は変わってきますね。

下部に表示される広告文3つをそれぞれ分析

それでは検索結果の下に表示される3つの広告文を上から順に見ていきたいと思います

1つ目の広告文

まず一つ目の広告については、黒い文字の説明文のところがセオリーどおりの良い表現が色々あると感じます。

例えば「御器所駅7分」「3回の施術で1980円~」といったところは具体的な地名や数字でわかりやすく伝えています。

「お着替え無料貸し出し」「痛みのないソフトな施術」「お子様連れOK」このあたりは女性に響く広告文として効果的に書かれています。

また駅近の場合は駐車場がないこともありますが、御器所駅から7分でありながら無料駐車場があるというのも訴求ポイントとしてはとても良いと思います。

具体的な地名や価格、ターゲットを意識した広告文、そして広告表示オプションの設定など全体的にレベルの高い広告設定がされていると感じます。

2つ目の広告文

二つ目の広告についてですが、ここまで見てくると、唯一の腰痛専門医院というのは少し本当かなと感じてしまいます。

検索者の立場で考えて、検索結果や他の広告文と比較していくと、もっと他の表現が思いつきそうです。

こちらが特徴的なのは、この広告文を見る限りは土日祝日営業夜9時までというところと、名古屋駅徒歩3分の好立地 ( ここは誤字がありますが。。)です。

これら特徴を、青文字の最初のタイトルのところに混ぜ込むと良いと思います。

例えば「【 名古屋市 】」とかぎかっこで書いてありますがここは「【名駅徒歩3分 】 」にしたほうが、シンプルに他との違いを強調できます。 

また、土日祝日と夜遅め9時までの営業時間に関しては、曜日と時間のクリック単価を10~20%上げるなどして、それらの曜日時間帯についてだけ、もっと上位に広告を表示させるというテクニックも考えられます。

3つ目の広告文

三つ目の広告はとてもシンプルで、もう少し工夫ができそうです。

想像して広げますと、「病院や他の接骨院で治らなかった」事例というのがあるとのことなので、それをもう少し突っ込んで具体的に書くと良いと思います。

そうするとここではどんな腰痛治療をここではしてきたのか、他との違いが具体的に伝わるので、クリック率や来院率を少しでも改善することができそうです。

関連キーワードから広告文やサイトコンテンツのヒントを得る

最後に関連キーワードも見ていきます。

ここまでたどり着いた検索ユーザーの一定数は、関連キーワードをクリックしてそれらの情報も得て行くことになります。

最初の腰痛がんというキーワードはインパクトのあるキーワードなので、クリック率も高そうです。

これらのキーワードを大まかに分けると、だいたいが原因か対処法になります。腰痛の原因や対策を検索ユーザーが知りたいというのが分かります。

ここから言えるのは、腰痛の原因や対処法をWEBのコンテンツとして加えて、さらに広告文の広告表示オプションでコンテンツのリンク先として加えることです。

原因と対処法は自然検索の結果をそのまままとめてみるのも良いでしょう。

その上で、プロとしてある原因で起きた腰痛に対して、自社の治療院の対処法でないとできないことを、その流れで説明していくと、検索ユーザーにもGoogle広告の仕組みにもマッチした良い広告文とコンテンツができあがります。

このように検索ユーザーの立場で彼らの思考や心理をより深く理解したサイトコンテンツを用意できれば、Google広告のサイト評価も上がって、より安いクリック単価でより上位に表示することができる広告を作ることにもつながっていきます。

広告文のケーススタディー
石黒 文康をフォローする
ラスタライズ株式会社
「週1カイゼン保証」の戦略的リスティング広告代行
除外キーワード追加、広告文ABテスト、集客サイトのキャッチコピー変更など、週1回は必ず改善作業して報告。戦略的に狙ったキーワードで勝ちを積み上げ、段階的にシェアを獲得していきます。初期設定費用なし、少額スタートにも対応、代行費は月額14,980円~。
ラスタライズのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました