WEBサービス(商用メールフォーム)のネット集客に役立つ「メールフォーム」の検索結果分析とリスティング広告のケーススタディー

広告文のケーススタディー
この記事を書いた人
石黒 文康

約15年間リスティング広告を中心にネット集客に携わる。中小企業診断士の資格を所持。シンガポールや台北で過ごした経験も。名古屋出身で、今も名古屋在住。ほぼ毎朝、自宅近くの川沿いでスロージョギングしてます。

石黒 文康をフォローする

集客用サイトには必須で、昔から特に必要とする人が多い「メールフォーム」機能。

この「メールフォーム」という検索キーワードでリスティング広告を出す場合、広告文にはどのような工夫ができるのか?という疑問に答えます。

この記事は、メールフォームだけではなく、他のオンラインサービスでリスティング広告を出稿している方にも役立つ内容となっています。

具体的には以下の項目について学べる内容となっています。

  • わかりやすく網羅的な広告文が一番に表示されやすい
  • 大手企業をターゲットにした広告文の参考例
  • タイトルがもったいないと感じる例
  • ニーズのある検索キーワードで新サービスの存在を知らせる方法

この記事は、約15年間リスティング広告を専門としてネット集客に携わり、中小企業診断士の資格を持つ石黒 文康がお届けします。

今回も、Googleでの検索結果の1ページ目を上から順に見ていきます。

わかりやすく網羅的な広告文が一番に表示されている

まずこちらがパソコンから Google で「メールフォーム」と検索した場合の検索結果に出てくる上から4つの広告文になります。

上から順に見ていきたいと思います。

機能、用途、料金がシンプルで分かりやすい広告文

まず一番上に表示された広告文がこちらになります。

「簡単・低価格・スマホ対応」とシンプルにタイトル文が書かれています。

「専門知識は一切不要。直感的なドラッグ&ドロップ操作」でフォームを作成できるということで今時のフォーム作成ツールと考えられます。

簡単にフォームを作成できることがとても分かり易く伝わる文章です。

お問い合わせや資料請求などメールフォームの用途も具体的に書いてあり、料金についても、初期費用0円や無料体験もあるといったような事も書いてあります。

全体的に読みやすく、網羅的でありながら、すっきりとまとまっているよく考えられた広告文だと個人的には感じます。

大手企業をターゲットにした広告文

こちらはふたつめの広告文になります。

こちらで目立つのは大企業が多数導入機種というキーワードや、専任営業とサポート、オンプレミス版といったキーワードになります。

オンプレミス版というのは、セキュリティなどの視点から、クラウドにデータを送るのではなく自社サーバーにおける形でアプリを利用する仕組みとなります 。

これらのキーワードから考えると、この広告文は大企業をターゲットを絞った広告文であると考えられます。

このようにターゲットを絞る場合は、多少専門用語を使うほうが良い場合があります。

大企業に導入してもらっていろんな部署で使ってもらえれば一社でも多くの契約を取ることができるので、専任営業をつけて様々な大企業のニーズに対応していると考えられます。

タイトルがもったいないと感じる例

次に三つ目の広告文を見ていきたいと思います

こちらの広告文をすべて細かく読んでいくと、特徴的なのは「無制限に作成」できる点だと考えられます。

3位に表示されたため、文字が省略されてしまっている可能性があります。

そして、一番目立つ青色タイトル部分には、簡単作成ということが2回書かれており、限られた文字数では冗長と感じます。

ですので、この広告文の場合は、青色タイトルのところに「◯円で無制限に作成」とった文言が入ると広告文が引き立ちます。

Google広告のAIが広告文のパーツを自動で選んでこのように青色タイトル部分が冗長な表現になってしまっている可能性も少しありますが、このサービスの一番の特徴と思われる部分が目立たない箇所にきてしまっているのがもったいないと感じる広告文です。

ニーズのある検索キーワードで新サービスの存在を知らせる

こちらは四つ目の広告文になります。

他とは違ってチャットを使った新しい対話型のサービスを宣伝しています。

メールフォームを探していて、そういえばチャットも最近は良く見るよなぁ~と感じている人が、興味を持ってくれてクリックされる広告文です。 

現状では、WEBサイトの窓口として、チャットよりもまずはメールフォームを探している人の方が多いと考えられます。

しかしサイトで新規客とやり取りをするという面では、チャットのほうがメリットが出る場合もあります。

目的は同じようなものなので、「メールフォーム」という検索キーワードとして頭に浮かぶことがより多い関連キーワードで、チャットツールの広告文を出して誘導するというのは一つのやり方になります。

チャット関連のキーワードで出稿する場合と比べて成約率はもちろん落ちるとは思いますが、メールフォームからチャットへの乗り換えも一部で進んでいるはずなので、このようなやり方は費用対効果が合えば有効です。

リンク先のページでは、メールフォームと違ってチャットツールにはこういったメリットがあるということをしっかり説明して考えを変えてもらうという点に力を注ぐ必要があります。

ここまで4つの広告文を見てきましたが、やはり一番上に表示された広告文が最もわかりやすく網羅的で、検索キーワードにもマッチした広告文であることが分かります。

自然検索の結果から無料サービスが求められていることがわかる

それでは次に、「メールフォーム」とパソコンで Google で検索した場合の自然検索の結果を見ていきたいと思います

自然検索では以下のようなキーワードが目立ちます。

  • 無料
  • 料金
  • 広告なし
  • 簡単作成
  • スマホ
  • クラウド
  • ASP
  • SSL
  • 問い合わせ
  • 申し込み
  • アンケート
  • 資料請求
  • 比較

自然検索の結果には、「無料」「広告なしもで無料で使える」 といった記述や、 無料で使えるメールフォームの比較サイトなどがあります。

このようなコンテンツを見ているということは単純に検索ユーザーの多くがまずは無料で使えるところ 探していると考えられますし、このようなコンテンツを見ることによって最初は有料サービスを考えていた人たちも、まずは無料で使ってみようかというように考えを変えることになると考えられます。

ですので、基本的に有料サービスを広告で宣伝する際においても、無料で使えるということを伝えたほうが、クリック率や成約率が高くなると考えられます。

ビジネスモデルとしては、たとえば広告付きの無料サービス、使用期間制限ありの無料体験、機能制限付きの無料サービス、デザイン変更したい場合だけ有料化する、などが考えられます。

下部の広告文は自然検索の影響をより受けやすい

それでは自然検索の下に表示される二つの広告を見てきたいと思います。

こちらがその二つの広告になります。

自然検索の結果を見てきた人が、その後でこの二つの広告文を見るわけですのでこれまでの説明の通り、広告文内に「無料」に関する記述がある方がクリック率が高まると考えられます。

クリック率が高い広告文はクリック単価を抑えることができるので、費用対効果も上がります。

もしあなたが出している広告文が、検索結果のページ下部に表示されているとしたら、自然検索の影響をより受けやすいと考え、自然検索の結果をよく観察して広告文を工夫する必要があります。

一つずつ見ていきたいと思います。

まずタイトル部分では無料であることが強調されて、さらに「5分で簡単に設置」できると言う記述があります。

このように分数で書くと少ない文字数で簡単にできるということが伝わります。

下の説明文では HTML や CSS の知識がなくてもいいと言ったことも書いてあります。

しかし、簡単に作成できことが何度も出てきますので少し冗長な感じがします(簡単というキーワードが4回出てくる)。

簡単に設置できるという文言の代わりに、料金プランや様々な機能についてもう少し具体的に伝える文言を加えると良さそうです。

それでは下の広告文も見ていきたいと思います

表示面積の関係で説明文が削られてしまっている可能性もありますが、こちらも簡単に作成できるという訴求ポイントが冗長に感じられます。

青色文字のタイトル部分も含め、無料プランがあるとか、月額いくらで使えるとか、画像認識機能という特別なサービスがあればそれについてもう少しわかりやすく書くといった改善方法が考えられます。

関連キーワードから付加価値のヒントを探る

それでは最後に関連キーワードの方も見ていきたいと思います

 「Google」「メールフォームプロ」「FC 2」といった固有名詞も出てきます。

これらは人気のサービスであることが分かります。

そしてここでも「無料」というキーワードが目立ちます。

あと特徴的なところだと、「デザイン」というキーワードがあります。

デザイン性の高いメールフォームを探している人たちも一定数いるということがわかります。

デザイン性を重視したユーザーを取り込むためには、例えばデザインテンプレートをたくさん用意して、「100種類から自由に選べるデザイン」といった広告文で訴求するといったやり方も考えられます。

このように、関連キーワードから付加価値のあるサービスのヒントを探ることもできます。

広告文のケーススタディー
石黒 文康をフォローする
ラスタライズ株式会社
「週1カイゼン保証」の戦略的リスティング広告代行
除外キーワード追加、広告文ABテスト、集客サイトのキャッチコピー変更など、週1回は必ず改善作業して報告。戦略的に狙ったキーワードで勝ちを積み上げ、段階的にシェアを獲得していきます。初期設定費用なし、少額スタートにも対応、代行費は月額14,980円~。
ラスタライズのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました