Yahoo!スポンサードサーチやYDNでインポート機能を使ってA/Bテストの広告を一括登録する方法

Yahoo!スポンサードサーチやYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)では、インポート機能とエクセルシート使えば、大量のテキスト広告でも、A/Bテスト用の広告を簡単に一括登録できます。

今日はその方法を記します。スポンサードサーチとYDNのインポート機能のインターフェイスは基本的に同じですので、やり方も同じになります。

AdWordsやスポンサードサーチにはローカルで一括編集するAdWords Editorやキャンペーンエディターがありますが、YDNにはそういった機能が今のところないので、YDNには特に有用な方法です。

 

広告データのダウンロードからインポートまでの作業手順

 

  1. 広告タブのダウンロードメニューからダウンロードファイルを作成
  2. 1.広告タブのダウンロードメニューからダウンロードファイルを作成

     

  3. ダウンロードが完了したら「ダウンロード(CSV)」をクリック
  4. 以下の画面のように、ダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了すると「ダウンロード(CSV)」の青文字リンクが現れます。こちらをクリックするとCSVファイルがダウンロードできます。

    2.ダウンロードが完了したら「ダウンロード(CSV)」をクリック

     

  5. CSVファイルを開いて重複している広告グループを一つだけにする
  6. 一つの広告グループに2つ以上の広告文が登録されている場合は、このCSVファイル上では広告グループが重複していますので、何らかの方法で広告グループを1つずつにする必要があります。

    この記事では、広告IDを使って広告グループの重複をなくす例を説明します。一つの広告グループに広告文が1つしかない場合は3.と4.の作業は必要ありません。

    下の図のように、広告IDで並べ替えます。

    3.CSVファイルを開いて重複している広告グループを一つだけにする

     

  7. 新しい広告文か古い広告文のどちらかを行ごと削除
  8. 新しい広告文か古い広告文の行ごと、どちらかを削除すると、広告グループの重複がなくなります。

    4.新しい広告文か古い広告文のどちらかを行ごと削除

     

  9. 新しい広告文を作成するため、広告IDを削除する
  10. キャンペーンIDと広告グループIDはそのままにしておいて、広告IDだけを削除しセルを空白のままにしておきます。

    5.新しい広告文を作成するため、広告IDを削除する

     

  11. 広告名を、日付+連番など新しい名前にする
  12. 広告名をあとから管理しやすいよう「日付+連番」などの名前にします。

    新しい広告データを一括インポートするためには、広告IDを削除して、広告名を新しいものにする必要があります。

    6.広告名を、日付+連番など新しい名前にする

     

  13. 新しく広告文を書き入れたCSVファイルをインポート
  14. 広告文を新しいものに書き換えたら、あとはCSVファイルを保存してインポートするだけです。

    また、このファイルを保管しておけば、広告名と広告文を新しくするだけでA/Bテスト用の広告文の一括追加ができます。

    7.新しく広告文を書き入れたCSVファイルをインポート

 

インポートエラーが発生した場合は、エラーファイルをダウンロードしてください。そのファイルにどうしてエラーになったかがそれぞれの行に書かれています。それらに従ってファイルを修正し、再度インポートします。

 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>