Wantedlyで中途や新卒を人材募集する際のFacebook広告運用の具体的なアイデア

今日は、ソーシャルリクルーティングの日本における先駆者であるWantedlyにFacebook広告を組み合わせた求人の方法について書いてみます。

 
Wantedlyは、Facebook上での友達つながりが募集要項のページに表示されるなどソーシャルメディアの特徴を生かしたFacebookととても相性の良い人材募集の媒体です。

この記事で書いた方法を使うと、それほどお金を掛けず、企業文化や社風にあった人材と出会うことができます。弊社でもこの方法で人材募集のお手伝いをしております。

 
また、すでにWantedlyで募集要項ページを作ったけど広がらずなかなか良い応募がない場合に、募集要項ページを多くのターゲット層に見てもらうのにもFacebook広告は有効な手段です。

 
「Wantedly」 https://www.wantedly.com/

 
 

中途採用の場合のFacebook広告の使い方アイデア

中途採用の場合、経験者を募集することが普通ですね。

Facebookユーザーは勤務先などのデータを登録している人も多く、ライバル会社(ある程度大きな会社)や、自社と業種が似ている会社に勤めている人を正確にターゲティングできたりしますので、経験者に絞って募集要項ページを見てもらえるのが大きな特徴です。

 

中途採用の場合は、広告セットの編集画面の「その他の利用者層」から勤務先、役職、業界などを指定

中途採用の場合は、広告セットの編集画面の「その他の利用者層」から勤務先、役職、業界などを指定

 

企業名の一部を入れるとターゲティングできる候補が出てきます

このように固有名詞で正確にターゲティングできるのはFacebook広告の強みです。

企業名の一部を入れるとターゲティングできる候補が出てきます

 

役職を細かく選んだり、広く業界を選ぶこともできます

役職を選ぶこともできます
 
広く業界を選ぶこともできます

 
 

新卒採用やインターン募集の場合のFacebook広告の使い方アイデア

新卒の学生やインターン希望の学生をターゲティングする場合は「その他の利用者層」の「学歴」が使えます。

大学生・高校生などの学歴、専攻、どの大学の学生かなど細かいターゲティングを使うことが出来ます。

 

その他の利用者層では学歴をターゲティングすることもできます

その他の利用者層では学歴をターゲティングすることもできます

 

たとえば東大など大学名を選んでターゲティングすることもできます

たとえばこのように東大など大学名を選んでターゲティングすることもできます

 
このように、Facebook広告を使うと本当に見て欲しい人だけに、Wantedlyの募集要項ページに気付いてもらうことができます。また、Facebook広告ですので、いいね!ボタンなどが押されるとその周りの人達にも募集要項ページが広まります。Facebookつながりは同僚や同じ学校に通っている学生も多いので、ターゲットへの広がりが期待できますね。

 
 

Wantedly+Facebook広告の方法は費用が安く済む

Wantedlyは10名の応募までは無料で使えますし、Facebook広告自体それほどお金をかけなくても広がりが期待できます。

通常の転職サイトやヘッドハンティングの会社などに支払う費用と比べると、Wantedly+Facebook広告の方法はかなり安く済むことが多く、あまり費用を掛けられないスタートアップの会社や中小企業にもオススメの方法です。

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>