AdWords 検索クエリのデータからクリック率の高いキーワードを追加し品質スコアを上げる手順

今日は、AdWordsの品質スコアを上げるため、クリック率の高い検索クエリ(実際に検索されたワード)をキーワードとして追加登録する手順について書きます。

 
 

1.キーワードタブの詳細メニューから「検索語句-すべて」を選択して検索クエリを表示

まずはアカウントの表示期間を全期間など長めにしてから、キーワードタブ → 詳細メニュー → 検索語句-すべて と進んで検索クエリを表示させます。

1.キーワードタブの詳細メニューから「検索語句-すべて」を選択して検索クエリを表示

 
 

2.フィルタメニューからフィルタを作成し、項目を追加していきます

検索クエリが表示されたらフィルタ項目を3つほど作成します。

2.フィルタメニューからフィルタを作成し、項目を追加していきます

 
 

3.この例では、平均クリック率の2倍より上/コンバージョン数1以上/追加除外済みなし、でフィルタリングしています

このアカウントの平均クリック率は0.88%だったので、その2倍のクリック率1.76%でフィルタリングしてクリック率の高い質の良い検索クエリを抽出しています。同時に、コンバージョン数を1以上にして実際に目標とする反応を得た実績のあるワードで絞り込みます。そしてキーワードとして登録していない検索クエリだけを表示させます。

3.平均クリック率の2倍より上、コンバージョン数1以上、追加除外済みなしでフィルタリングします

 
 

4.フィルタリングされたキーワードを全選択して「キーワードとして追加」ボタンを押します

フィルタリング後、表示された検索クエリを全選択して「キーワードとして追加」ボタンを押します。

4.フィルタリングされたキーワードを全選択して「キーワードとして追加」ボタンを押します

 
 

5.語句の掛け合わせが10を超える場合は短く編集し、最後に保存ボタンを押して完了です

最後の画面で、下の画面のような警告が出る場合があります。その場合は、語句を編集して短くしてから保存ボタンを押すと登録完了です。

5.語句の掛け合わせが10を超える場合は短く編集し、最後に保存ボタンを押して完了です

 
 

手順3の補足説明

以下は、手順3で検索クエリをフィルタリングする際の補足説明です。

手順3のところで候補キーワードが多く出すぎた場合

検索クエリの候補が多く出すぎた場合は、クリック率をさらに高くしたり、コンバージョン数を1から2にして再度フィルタリングすると、より質の高い検索クエリを絞り込むことができます。または、クリック数2もしくは3以上などの項目を追加して今後も出てくる可能性の高いキーワードだけを抽出することもできます。

逆に候補キーワードが少なすぎる場合

検索クエリの候補が少なすぎる場合は、クリック率を2倍ではなく1.5倍など下げてフィルタリングしていくとよいでしょう。もしくは、掛け合わせるコンバージョン数を、表示回数やクリック数に変更してまだコンバージョンがない検索クエリも表示させる手もあります。

 

品質スコアを上げる=登録したキーワードのクリック率を上げることが目的なので、クリック率以外のフィルタリング項目についてはアカウントの状況に合わせて自由に組み換えて使うと良いですね。

 
 

この記事の続きはこちら
品質スコアUPのため一括追加した部分一致キーワードをAdWords Editorでラベルを使いフレーズ一致に変更する手順

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>