広告予算が少ない場合に最低限始めたいネット広告とそのやり方

ネットで集客をするため、WEBサイトを作り、Facebookページも始め、ブログも書いているという方は多いのではないでしょうか?

しかしたいていは、WEBサイトのアクセスも、Facebookページのフォロワーも最初から思うように増えるわけではありません。

ネット広告を使えば、すぐにアクセスを増やしたり、Facebookページのフォロワーを短期間で増やすことができます。ネット広告にはお金を使って時間を買うことができる良さがあります。

では、初めてネット広告にチャレンジする場合、それも少ない予算で始めたい場合には、どのような順番や手法でネット広告に取り組んでいくべきでしょうか?

 

まずは検索結果に出る広告で今スグ客を集める

検索キーワードに連動して出るネット広告は、今スグ何かサービスを受けたいとか物を買いたいという見込客を主な対象にできるので、まず最初に始める広告として適しています。

具体的には、Google AdWordsの検索ネットワーク、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチになります。

 
さらに、以下のような施策を行うと少ない広告費で効率よく反応を得ることが出来る可能性が高まります。

  • 地域密着ビジネスの場合は対象地域を狭く絞る。
  • 関連性の強い複合キーワード(2語以上の組み合わせワード)だけで初めてみる。
  • 自社で扱っているブランド名のキーワードを使う。
  • 完全一致のキーワードをメインにする。
  • 反応率が高くなる時間帯を最初から予想して単価調整比を上げておく。

 

FacebookページやTwitterアカウントのフォロワー数を増やす

FacebookページやTwitterをマメに更新しているがフォロワー数がまだまだ少ない場合、ネット広告を使えば短期間でフォロワー数を最初に100人とか200人に増やすということもできます。またソーシャルメディアのフォロワー数が多いこと自体が信頼感に繋がることも期待できます。

これらソーシャルメディアの広告は、AdWordsやYahoo!プロモーション広告と比べて広告費自体、それほど掛ける必要がないので、そういった意味でも広告予算が少ない場合に向いている広告と言えます。

Facebook広告やTwitter広告でも、もちろんターゲティングができます。興味関心に加えて、地域でターゲットを絞ることも可能ですので、たとえば愛知県を中心にFacebookページやTwitterのフォロワーを増やすということも、広告を使えば可能となります。

 

ディスプレイネットワークでは自動より手動を

Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告には、検索結果に出る広告以外にも、ブログ・ニュースサイト・アプリなどに表示されるディスプレイネットワーク(Yahooの場合はディスプレイアドネットワーク)と呼ばれる広告があり、検索キーワードに連動する広告とはまた違ったメリットがあります。ディスプレイネットワークは検索結果に出る広告と併用するのが普通です。

ディスプレイネットワークでは、テキスト広告だけではなく、イメージ広告を使って商品の写真や会社のロゴマークを印象づけることができたり、YouTube上で動画のプロモーションを行うことなども可能です。また一度サイトに訪問してくれた人に繰り返し広告を表示するリマーケティングと呼ばれる手法もこのディスプレイネットワークで行うことができます。

ディスプレイネットワーク特有のターゲティング方法は以下のようになります。

  • キーワード・トピック・カテゴリ指定などによる自動プレースメント
  • WEBサイトのURLを直接指定する手動プレースメント
  • リマーケティングリストへのターゲティング
  • 年齢性別などのユーザー属性ターゲティング

少額予算でディスプレイネットワークを始める場合、1番目の自動プレースメントよりも2番目のURLを直接指定できる手動プレースメントでサイトを一つずつ確かめて設定する方をオススメします。自動プレースメントによる興味関心ターゲティングはディスプレイネットワークならではの表示機会を多く得られるのは手法ですが、少ない予算の場合には良い表示先を探すのに時間が掛かってしまうからです。

 

まとめ

以上、少額予算でネット広告を始める場合に考えておきたいことを書いてみました。

検索結果に出る広告以外に、ディスプレイネットワークやソーシャルメディアの広告を上手く設定すると、効率よく時間を掛けず、ターゲットに広告やコンテンツを届けることができます。また、それらの組み合わせが相乗効果を発揮することも十分考えられます。

以上、参考にしてみてください。

 

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>