ネット広告セミナー振り返り記事 テーマ:ネット広告の概要 2015年4月21日 会場:協同組合TOMA

名古屋の千種駅にある、中小企業診断士を中心とした
総合経営支援の専門資格者集団「協同組合TOMA(トーマ)」にて
「ネット広告の概要」というテーマでセミナー講師をさせていただきました。

その際、お話した内容を振り返って記事にしました。

 

テーマ:ネット広告の概要

今回は、中小企業診断士の皆様に、以下の内容でネット広告の概要についてお話をさせていただきました。

 

3大ネット広告

ネット広告で日本国内でメジャーな広告といえば、

  • Google AdWords
  • Yahoo!プロモーション広告
  • Facebook広告

となります。

日本から海外へ、ということであれば
AdWordsとFacebook広告の2つでかなりの国にアプローチできます。

 

ネット広告の役割

ネット広告を使うと何ができるのか?簡単に言うと

  • 商品やサービスの存在を知ってもらう
  • そして思い出してもらう

ということになります。

「知ってもらう」というのは例えばGoogleの検索結果に広告を出して、検索ユーザーに自社のサービスを知ってもらうことです。

「思い出してもらう」というのは、AdWordsのリマーケティングや、Facebook広告のカスタムオーディエンスという仕組みを使って、一度WEBサイトに来てくれた人や商品を過去に購入してくれた顧客に、再び広告を表示させて商品やサービスを思い出してもらうことです。

 

リスティング広告が向いている商品やサービス

Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告などのリスティング広告は、緊急性/地域性/機能性の高い商品やサービスをプロモーションするのに向いています。

たとえば、水道管が破裂してすぐに直してもらわないといけないといった緊急のニーズに対して、リスティング広告でサービスを告知するというのはとても有効です。

以下の画像は、Googleで「水道工事 名古屋」と検索した結果です。

水道工事 名古屋   Google 検索結果

今スグ近場の業者さんになんとかしてほしい!というニーズには特にリスティング広告が向いています。人がネット検索するときは今スグ何らかの問題を解決したい場合が多いからです。

機能性が高いというのは、例えばクラシックカーと電気自動車を売っているとします。どちらがリスティング広告に向いているかというと、電気自動車になります。機能を客観的に評価でき、その機能が数値で説明でき比較できるような商品が、リスティング広告には向いています。逆に趣味性の高いクラシックカーを売る場合は、Facebookなどのソーシャルメディアをうまく活用すると良いでしょう。

ちなみに水道工事の広告文を見てみると「24時間365日」、「最短15分」などのように、数値で具体的にサービス内容が伝える広告が目立ちます。サービスの価値を数字で説明できるというのも、リスティング広告に向いているかどうかの基準となります。また、広告文の作成テクニックの面でも、クリック率を高める上で数字をうまく使うというのは有効です。

 

ネット広告ならではの機能

他のメジャーな広告媒体、たとえば新聞や雑誌の広告にはない機能として、ネット広告には例えば以下の特徴が挙げられます。

  1. キーワード単位、URL単位、といった非常に細かい単位で見込客のターゲティングができ、広告文などの表現もそれらの詳細なターゲットごとに変更できる
  2. 広告経由でWEBサイトに訪問した見込客のアクションを自動で収集し広告運用改善のための分析データとして活用できる
  3. 表示するだけではお金は発生せず、クリックされて始めて課金される

1. については、たとえば雑誌に出す広告であれば30~40代主婦向けといった単位でのターゲティングになります。リスティング広告の場合は検索キーワード単位でターゲティングできますので、その時その人が具体的に何に興味を持っているかという非常に細かいセグメントでターゲティングできます。たとえば「100円ショップ 名古屋」という検索ワードなどもそうです。

2. は、いわゆる「コンバージョン計測」という機能です。どのキーワード、どの広告文をクリックして商品の購入があったかといったデータが自動的に蓄積することができます。このデータをリスティング広告運用の改善につなげます。

3. リスティング広告は別名でPPC(ペイパークリック)広告と呼ばれます。これは、クリックされるごとに支払うという意味です。基本的に広告が表示されるだけだったら料金は発生しません。

 

その他

その他、日本の伝統工芸の技術を生かした商品を英語圏にどのように売っていくか、などについてお話させていただきました。

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>