iPhoneユーザーだけに絞ってネット広告でアプローチする方法

iPhoneケースを売っている、iPhone修理の専門店、iPhone向けアプリを作っているなど、iPhoneユーザーだけをターゲットにしたい場合があります。

そんなときに、どうやったらiPhoneユーザーだけに絞ってネット広告でアプローチできるか、そのやり方をこの記事で説明します。

メジャーなネット広告である、Facebook広告、Google AdWords、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)について書きました。

 

Facebook広告でiPhoneユーザーをターゲティングする方法

 

1.Facebook広告の設定方法

まずFacebook広告の広告セットの設定画面の「行動」の欄に「iPhone」と入力します。

Facebook広告でiPhoneユーザーをターゲティング

そうすると、上の画像のようにiPhoneのモデルがずらっと並びます。

Facebook広告の場合は、iPhoneのモデル名まで指定できます。それぞれのモデルの人数(※ここでは全世界の人数)も表示されます。特定のモデル向けのiPhoneケースを売る場合などにこの詳細ターゲティングを使うと有効ですね。

iPhone5SのFacebook上の全世界のユーザー数は上の画像のとおり60,214,157人(約6,000万人)ですが、日本国内に絞ると4,100,000人(約400万人)で6.8%となりました。

 

2.Facebookを使っているiPhoneユーザーの人数

ちなみに、2015年6月22日時点でFacebook広告でターゲティングできる“全世界の”iPhoneユーザ合計は272,015,158人(約2億7000万人)でした。膨大な数ですね。

内訳は以下の通りです。

  • iPhone 4:  29,741,761人
  • iPhone 4S: 44,455,910人
  • iPhone5: 47,342,823人
  • iPhone5C: 22,103,273人
  • iPhone5S: 60,214,157人
  • iPhone6: 51,152,399人
  • iPhone6 Plus: 17,004,835人

「サムソンのAndroidモバイルデバイスユーザー」は全世界のFacebook上では466,300,705人(約4億7000万人)で、iPhoneの約1.7倍となりました。

Facebook広告でサムソンのAndroidモバイルデバイスユーザーをターゲティング

 

Google AdWordsでiPhoneユーザーをターゲティングする方法

AdWordsでは、まずは「ディスプレイ ネットワークのみ」のタイプで新規キャンペーンを作成してください。「マーケティングの目標」をどれか選んだ後で、一番下の「他の設定を表示」をクリックします。

すると、下の画面が現れますので、「デバイス: 指定した携帯端末とタブレットをターゲットに設定」→「編集」をクリックします。

Google AdWordsでiPhoneユーザーをターゲティング

そして、「端末のモデル」→「自分で選択」から「iPhone」を追加します。これでAdWordsでiPhoneユーザーをターゲティングすることができます。

iPhoneの文字の先頭にあるプラス記号を押すと、iPhoneのモデルを一つずつ選ぶことができますが、モデルを選んでしまうと“アプリのみ”にディスプレイネットワークの広告が表示される可能性が高くなりますので、アプリ以外(ブログやWEBサイト、YouTubeなど)にも広告配信をする場合は単純に「iphone」とだけ選択する必要があります。

また、AdWordsの場合は、Androidのスマフォをモデルごとに詳細に選択することも可能です。こちらはアプリのみという縛りはありません。たとえばAndroid対応のスマフォケースや関連グッズを売っている場合などに使える機能ですね。ちなみにFacebook広告ではAndroidスマフォの詳細ターゲティングは今のところ「Galaxy S6」しかでてきません。

 

YDNでiPhoneユーザーをターゲティングする方法

最後はYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)でiPhoneユーザーをターゲティングする方法になります。

まず、YDNのキャンペーンを作る際、最初にキャンペーンの目的などに応じて以下の9種類の広告掲載方式のどれかを選択します。

  1. インタレストマッチ
  2. ターゲティング
  3. インフィード広告
  4. モバイル
  5. トップページプロモーション
  6. リーディングテキスト
  7. モバイルバナー
  8. [特別] スマートフォントップパネル
  9. [特別] スマートフォントップバナー

この中で、4.と7.の広告掲載方式ではiPhoneユーザーをターゲティングする機能がないので、それ以外を選ぶ必要があります。

 
キャンペーンの基本情報とスケジュールの設定が済んだら広告グループの作成画面に移ります。

そして「基本情報」→「デバイス」→「デバイスを選択」のラジオボタンを押して「スマートフォン」をチェック、さらにOSのところで「iOS 」を選択します。

YDNでiPhoneユーザーをターゲティング

これでYDNのiPhoneユーザーターゲティングが完了となります。

 

まとめ

以上、Facebook広告、AdWords、YDNの3つのネット広告でiPhoneユーザーをターゲティングする方法を解説してみました。

Facebook広告やAdWordsを使うと日本だけではなく世界中のiPhoneユーザーをターゲティングすることも可能です。

YDNでは2015年5月20日にリニューアルされたばかりのスマフォ向けのYahooトップページに、記事に溶け込んで表示されるインフィード広告を使ってみると大きな効果が出るかもしれません。

iPhone関連のビジネスをされている方は参考にしてみてください。

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>