海外向けにAdWords広告を出稿する際に気を付けたいターゲット地域の詳細設定

今日は、海外向けにAdWords広告を出す際の地域指定に関する注意点について書きます。

海外向けに日本のモノやサービスをAdWordsでプロモーションする場合、キーワードに”Car Rental in Japan”といったように”Japan”の文字を検索ワードやディスプレイネットワークでのターゲットキーワードとして登録するケースが多いですね。

そのような設定をしていると、デフォルトの地域指定では、ターゲット地域として設定した国以外にいる人達に意図せず広告が表示されてしまうことがあります。

それを避けたい場合のオプション設定の方法をこの記事で説明します。

 
 

AdWordsのデフォルト設定ではターゲット地域にいない人にも広告が表示されてしまう

AdWordsでは、ユーザーがどこにいるかをIPアドレスや携帯端末のGPS情報などによって判断します。

加えて、デフォルトの地域設定ではユーザーが関心を示している地域(関心対象地域)が含まれてしまいます。

例えば、

  • 検索語句に「Japan」が含まれている。
  • Googleマップで「日本」を検索している。
  • https://www.google.co.jp/で検索している。
  • 日本に関する記事などのコンテンツを見ている。

といった場合に、ターゲットとして設定した国にいない人にも広告が表示されてしまいます。

ですので例えば、アメリカ国内向けのみに広告を出したいのに、デフォルトの設定のままではイギリスやオーストラリアにもAdWordsの広告が表示されてしまう可能性が出てきます。

※「ユーザーが関心を示している地域(関心対象地域)」について詳しくはこちらのAdWordsヘルプをご覧ください。
AdWordsヘルプ:地域に適した広告が表示される仕組み

 
 

ターゲット地域の詳細設定を編集

ターゲット地域の詳細設定を編集すると、そういった予期せぬ広告の表示をコントロールすることができます。

編集したいキャンペーンを選んで、

設定→すべての設定→ターゲット地域の詳細設定→編集

と進みます。

ターゲット地域の詳細設定を編集したいキャンペーンを選んで、設定→すべての設定→ターゲット地域の詳細設定→編集

ちなみに、ターゲット地域の詳細設定を編集するにはキャンペーンタイプが次のいずれかである必要があります。

  • 検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)- すべての機能
  • 検索 / ディスプレイ ネットワーク – すべての機能
  • 検索ネットワークのみ – 商品リスト広告
  • 検索ネットワークのみ – 動的検索広告
  • 検索ネットワークのみ – すべての機能
  • ディスプレイ ネットワークのみ – リマーケティング
  • ディスプレイ ネットワークのみ – すべての機能

例えばキャンペーンタイプを[検索ネットワークのみ - 標準]に設定しているとこのターゲット地域の詳細設定を使えませんので、ターゲット地域の詳細設定を使いたい場合はあらかじめ「すべての機能」に変更して下さい。

 
 

そして、

ターゲット地域の詳細設定で「ターゲット地域にいるユーザー」を選択

すると、指定した国や地域にいるユーザーだけに絞って広告を出すことができます。

ターゲット地域の詳細設定で「ターゲット地域にいるユーザー」を選択

 
 

どこに広告が表示されたかを確認する方法

実際にどの国や地域にAdWordsの広告が表示されたのかを見る方法は以下のとおりです。

ターゲット地域のレポートを表示

これらのレポートを見れば、どの国や地域で広告が表示されたかや、ユーザーが広告が表示された時点でどこにいたのかを知ることができます。
 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>