Facebook広告のフリークエンシーについて

今日はFacebook広告で注目すべきパフォーマンスデータの一つであるフリークエンシーについて書いてみます。

フリークエンシー(Frequency)というのはそのまま訳すと「頻度」になります。この言葉をネット広告で使う場合は、広告が一人に対して何回表示されたかという指標になります。

 
 

Facebook広告ではフリークエンシーをチェックする必要がある

何度も広告を目にすることで反応率が上がる場合もあれば、広告がオプトアウト(受信拒否)されて印象を悪くしてしまうこともあります。

具体的にはAdWordsのリマーケティング広告を使ったり、Facebook広告の企業名などによる仔細なターゲティングでフリークエンシーを上げることができますが、あまりやり過ぎると逆効果となってしまうこともあります。

また、Google AdWordsやYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)にはフリークエンシーを多くしすぎないよう制限する、フリークエンシーキャップやフリークエンシーコントロール機能というものがありますが、Facebook広告にはそのような機能は見当たりません。

ですのでFacebook広告の場合はフリークエンシーのデータを確認し、フリークエンシーが多くなりすぎたと判断された場合は予算を抑えるか、他のターゲットを追加する必要が出てきます。

 
 

Facebook広告でフリークエンシーを確認する方法

Facebook広告の広告マネージャーでフリークエンシーを確認するには、以下の画像のとおり「カスタム」というメニューをクリックします。すると下の画像のようにいろいろなデータを見ることができるメニューが現れ、その中にフリークエンシーも出てきますのでそれを選択します。

カスタムをクリックしてメニューからフリークエンシーを選択

 

弊社で運用中のこのアカウントの場合、ターゲットをかなり絞っているので当初の予想通りフリークエンシーの値がどんどん高くなっています。さらにこの間、ウェブサイトクリックやアクション数も減ってきているので、新たなターゲットを設定して表示対象を広げるか、予算消化ペースを下げるほうが良いという判断ができます。

フリークエンシーは増えているがアクション数は減っている

このアカウントの例とは逆に、フリークエンシーが高くなってもアクション数が増えているか減っていなければ、新たなターゲットを無理に追加する必要はありません。

 
 

まとめ

一般的には、フリークエンシーが多いか少ないかだけでは良し悪しの判断はできません。フリークエンシーが多くなることによってコンバージョンが増え良い結果となることも多いですし、逆にしつこい広告と見えてしまいオプトアウトなども増えて商品やサービスの印象が悪化してしまう危険性も考えられます。

ですのでフリークエンシーが増えてきた場合は、コンバージョン数やアクション数など目標とする成果とフリークエンシーのデータを見比べ、フリークエンシーの増加が良い方向に出ているのかそうではないのかを見極めて対応する必要があります。

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>