顧客メールリストにFacebook広告でアプローチできるカスタムオーディエンスの設定手順

通販のビジネスやメルマガ登録などでメールの顧客リストがたくさんある場合は、Facebook広告のカスタムオーディエンスという機能を使って、そのリストに向けて広告を出すことが可能です。

この機能を使うと、Facebook上で、通販の過去の購入者へ関連商品の購入を勧めたり、メルマガ登録者に有料サービスを勧めたりする広告を出すことができます。

今日はその手順を記します。

 

  1. パワーエディタでオーディエンスタブを押して右上の「オーディエンスを作成」メニューから「カスタムオーディエンス」を選択
  2. ※カスタムオーディエンスの作成には「パワーエディタ」というFacebook広告の編集ツールを使う必要があります。このパワーエディタは、Google Chromeにしか対応していません。

    1.パワーエディタでオーディエンスタブを押して右上の「オーディエンスを作成」メニューから「カスタムオーディエンス」を選択

     

  3. 今回は通販の購入者メールリストを登録するのでカスタマーリストを選択します
  4. 2.今回は通販の購入者メールリストを登録するのでカスタマーリストを選択します

     

  5. メールアドレスを登録する場合は「ファイルをアップロード」または「カスタムリストのコピー」を選択
  6. メールアドレスを登録する場合は、ファイルのアップロードかリストのコピー&ペーストどちらでも構いません。

    3.メールアドレスを登録する場合は「ファイルをアップロード」または「カスタムリストのコピー」を選択

     

  7. データタイプをメールにしボックス内に顧客メールリストを貼り付けて作成ボタンを押す
  8. コピー&ペーストの場合は以下の手順となります。

    4.データタイプをメールにしてボックス内に顧客リストのメールを貼り付けしてオーディエンスを作成ボタン

     

  9. ターゲット名や説明を入力して完了ボタンを押す
  10. 5.ターゲット名や説明を入力して完了ボタン

     

  11. リスト作成後、サイズが表示されます
  12. 今回は、メールリスト399件に対して200件が、カスタムオーディエンスとして登録されました。カスタムオーディエンスは顧客のメールだけではなく電話番号なども使うことができます。

    6.リスト作成後、サイズが表示されます

     

  13. 広告セットの作成画面で作成したカスタムオーディエンスを選択
  14. 広告作成時に、作成したカスタムオーディエンスを選ぶと、そのターゲットに対してFacebook広告を出すことができるようになります。

    7.広告セットの作成画面で作成したカスタムオーディエンスを選択

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>