Google公式記事からデータドリブンアトリビューションの成功事例まとめ

この記事では、Google広告のデータドリブンアトリビューションを活用して大きく成果を上げた事例を、Googleの公式情報から拾ってまとめました。

 

まずはデータドリブンアトリビューションをサクッと理解できる動画です。

英語ですが、右下歯車の設定から日本語字幕にすれば、わかりやすいアニメーションでデータドリブンアトリビューションの概要を3分で理解できます。

この動画の要点をまとめると以下のようなことが語られています。

今のネットの状況は、購入経路が長く複雑になり、広告運用において価値の高いクリックをより正確に把握する必要があります。

消費者の9割は1日の間に端末を切り替えて使っており、購入までに何度も検索が行われます(旅行34回、車139回など)。

コンバージョンへの貢献度は通常最後のクリックだけに配分され、その他は考慮されません。

データドリブンアトリビューションでは、アカウント固有のデータと機械学習に基づき購入達成経路とそうでない経路が比較され各クリックに貢献度が適切に配分されます。

このモデルによる最適化によって同じ費用でコンバージョンの増加が見込めます。

またスマート自動入札を使うと入札単価が自動調整されます。

 
 
 

以下、Google公式メディアよりデータドリブンアトリビューション関連の成功事例を、新しい情報から3つ貼っていきます。

 

2週間でコンバージョン数が34%アップの事例(動画2分)

登録するキーワードが膨大で単価調整も大変、需要の季節変動も激しいといった特徴を持つオプショナルツアーの訴求を、データドリブンアトリビューションと自動入札によって運用の手間を減らしつつ成果も大きく改善。2週間でコンバージョン数が34%アップしたとのこと。

 

メルカリの米国進出にもデータドリブンアトリビューションが活躍

「ショッピング広告 ? 目標広告費用対効果(ROAS)? データドリブンアトリビューション」と、「(動的)検索広告 ? データドリブンアトリビューション」の2つの枠組みを使って、米国市場での販売数、販売額の両方を成長させたメルカリのマーケティングの事例
 ↓ 
機械学習を活用し、商品購入検討者へのマーケティング投資を媒体を越えて最適化する – メルカリ米国での売上拡大から学ぶ

 
 

データドリブンアトリビューションと部分一致を上手く活用

コンバージョン単価を改善しながら、会員獲得数を19%、予約獲得数を33.5%増加させることに成功した高級旅館・ホテルの宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」取り組み。
 ↓ 
Google が注力する データドリブン アトリビューションに基づいた AdWords 最適化で会員獲得数を 19% 、予約獲得数を 33.5% 増加させた Relux(リラックス)

 
 

データ連携で利益を可視化し最大化(一休)

高級宿泊施設予約サイトの運営を手がける一休が、Google広告、Googleアナリティクス、自社顧客データベースを連携して自社の利益を可視化。動的検索広告やデータドリブンアトリビューションを導入して出稿キーワード数とコンバージョン数を増やして利益を最大化した事例。
 ↓ 
機械学習を活用したマーケティングで利益を最大化‐一休

 
 

Pocket


【改善保証】のリスティング広告
CV単価が改善しなければ無料
まずはお試し50%の予算だけ代行
→ 詳しくはこちら






0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>