Yahoo!スポンサードサーチのフィルタリングを使ったキーワードの一括単価調整

今日は、Yahoo!スポンサードサーチで、フィルタリングの機能を使ったキーワードの一括単価調整について書きます。

通常は広告グループやキーワードタブで合計金額やコンバージョン数などで並べかえをして順番に単価調整をしていきますが、フィルタリングを使えば一度に単価調整の対象となる広告グループやキーワードの単価調整ができるので便利な場合があります。

今回の例は、目標CPA(コンバージョン単価)が1,200円のアカウントについて、コンバージョン率が平均以上でコンバージョン単価が目標の1200円以下のキーワードをフィルタリングして、それらのクリック単価をインポート機能を使って一括で調整する手順です。

 
 

ある程度長めの表示期間を取ってから、
まずは、キーワードタブで以下の様なフィルタを作成して適用ボタンを押します。

ユニークコンバージョン数、ユニークコンバージョン率、コスト/ユニークコンバージョン数でフィルタリング

  • ユニークコンバージョン数は2または3以上とすれば、たまたまコンバージョンしたデータを除くことができます。
  • ユニークコンバージョン率、このアカウントの平均値を入れてコンバージョン率が平均より高いキーワードを選び出します。
  • コスト/ユニークコンバージョン数(コンバージョン単価)にはこのアカウントの目標CPCである1,200円を入れて、それより低いキーワードを選び出します。

 
 

次に、フィルタリングしたキーワードを全選択してダウンロードします。

フィルタリングしたキーワードを全選択してダウンロード

 
 

あとは、エクセルでCSVファイルのクリック単価を編集してインポートすれば、フィルタリングされたキーワードのクリック単価の一括単価調整が完了です。

なお、広告グループの入札単価をキーワードに使っている場合は、ダウンドーロしたCSVファイルの入札価格のところにある「(一括入札)」の文字を消して数字だけにすれば、キーワード単位のクリック単価の編集が可能になります。その際、ラウンド関数 =round(,0) を使うと小数点以下を四捨五入できます。

ラウンド関数で入札価格の小数点以下を四捨五入

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>