AdWords電話専用キャンペーンの設定

今日はAdWords電話専用キャンペーンの設定です。

電話専用キャンペーンでは、電話ができる携帯端末のみに広告が表示され、広告がクリックされるとWEBサイトに飛ぶのではなく直接電話につながります。

クリック単価の支払いごとに、電話1件の問い合わせや相談を得ることができます。

とても効率的な仕組みですが、検索結果に出る広告からWEBサイトを経由せず直接電話につながるので、3行の広告文だけで電話でわかりやすいオファーを広告文で伝える必要があります。

 
 

1.まずは「検索ネットワークのみ」のキャンペーンを作成

電話専用広告はスマフォなどの検索結果に表示される広告で、ディスプレイネットワークには表示されません。

1.「検索ネットワークのみ」のキャンペーンを作成

 
 

2.キャンペーンタイプを「電話専用」にしてキャンペーン名を付け表示地域を指定

「検索ネットワークのみ」の中で、さらに「電話専用」としてキャンペーンタイプを設定すると、電話専用の広告を表示することができます。

2.キャンペーンタイプを「電話専用」にしてキャンペーン名を付け表示地域を指定

 
 

3.入札戦略の選択

WEBサイトを経由せず直接電話に繋がる広告なので、入札戦略は単純に「クリック数の最大化」もしくは「個別クリック単価」を選べば良いでしょう。

3.入札戦略の選択

 
 

4.アメリカなどではAdWords専用転送電話番号という機能を使えますが、日本では使えません。。

AdWords専用転送電話番号の機能を使うと、通話時間や発信者の市外局番など詳しい情報を得られますが、日本では今のところ使えません。

詳しくはこちらをご覧ください。
AdWordsヘルプ:AdWords 専用転送電話番号を設定して詳細なコールレポートを確認する(日本未対応)

4.アメリカなどではAdWords専用転送電話番号を使えますが、日本では使えません。。

 
 

5.広告に社名や電話番号など必要な情報を入力し、キーワードを選択して広告グループを保存

広告文を入れるとプレビューが表示されます。

また、URLを入れた段階でWEBサイトに関連するキーワードが自動的に拾われます。その中で好きなキーワードを選択して広告グループを保存します。

5.広告に社名や電話番号など必要な情報を入力し、キーワードを選択して広告グループを保存

 
 

6.電話専用広告を表示する時間帯を設定し、広告グループ作成へ

24時間対応でない場合は、ビジネスの対応状況に合わせて電話受付時間を設定します。ここではひとまず平日の午後1時~3時としてみました。

広告グループ作成後、入札戦略を個別クリック単価にした場合は、電話1件につき支払いができるクリック単価を広告グループに設定します。

6.電話専用広告を表示する時間帯を設定し、広告グループ作成へ

 
 

電話専用キャンペーンは例えば、無料相談の受付や、水道工事など緊急性があってわかりやすいサービス、TV-CMもやっていて知名度の高い企業が利用する場合などに向いている仕組みですね。

 
 

Pocket