Yahoo!スポンサードサーチのフィルタリングを使ったキーワードの一括単価調整

今日は、Yahoo!スポンサードサーチで、フィルタリングの機能を使ったキーワードの一括単価調整について書きます。

通常は広告グループやキーワードタブで合計金額やコンバージョン数などで並べかえをして順番に単価調整をしていきますが、フィルタリングを使えば一度に単価調整の対象となる広告グループやキーワードの単価調整ができるので便利な場合があります。

今回の例は、目標CPA(コンバージョン単価)が1,200円のアカウントについて、コンバージョン率が平均以上でコンバージョン単価が目標の1200円以下のキーワードをフィルタリングして、それらのクリック単価をインポート機能を使って一括で調整する手順です。

 
 

ある程度長めの表示期間を取ってから、
まずは、キーワードタブで以下の様なフィルタを作成して適用ボタンを押します。

ユニークコンバージョン数、ユニークコンバージョン率、コスト/ユニークコンバージョン数でフィルタリング

  • ユニークコンバージョン数は2または3以上とすれば、たまたまコンバージョンしたデータを除くことができます。
  • ユニークコンバージョン率、このアカウントの平均値を入れてコンバージョン率が平均より高いキーワードを選び出します。
  • コスト/ユニークコンバージョン数(コンバージョン単価)にはこのアカウントの目標CPCである1,200円を入れて、それより低いキーワードを選び出します。

 
 

次に、フィルタリングしたキーワードを全選択してダウンロードします。

フィルタリングしたキーワードを全選択してダウンロード

 
 

あとは、エクセルでCSVファイルのクリック単価を編集してインポートすれば、フィルタリングされたキーワードのクリック単価の一括単価調整が完了です。

なお、広告グループの入札単価をキーワードに使っている場合は、ダウンドーロしたCSVファイルの入札価格のところにある「(一括入札)」の文字を消して数字だけにすれば、キーワード単位のクリック単価の編集が可能になります。その際、ラウンド関数 =round(,0) を使うと小数点以下を四捨五入できます。

ラウンド関数で入札価格の小数点以下を四捨五入

 
 

Pocket

検索クエリのデータをクリック率とコンバージョン率でフィルタリングして除外キーワードを見つける方法

今日は、Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告に表示される検索クエリのデータをフィルタリングして除外キーワードを見つける方法を紹介します。

クリック率とコンバージョン率の両方が低いキーワードを見ていくと除外キーワードが比較的簡単に見つかります。

 
 

なぜクリック率とコンバージョン率を検索クエリのフィルタリングに使うのか?

フィルタリングには、クリック率とコンバージョン率の両方を使うと良いでしょう。

クリック率が低いキーワードというのは、表示回数の割にはクリックされなかったキーワードということになります。検索ニーズと広告文のミスマッチです。

また、コンバージョン率が低いキーワードというのは、たとえ検索ニーズと広告文がマッチしていたとしても、リンク先のサイト内容が期待はずれだったということになります。広告文とサイトのミスマッチです。

リスティング広告ではクリック率を上げる広告文を考えるのが基本なので時には無駄なクリックが生じますし、検索ユーザーが広告文をすべて読まないでクリックすることもケースとして出てきます。ですから、まずはクリック率だけではなくコンバージョン率も掛けあわせて質の悪いキーワードをフィルタリングすると良いでしょう。

 
 

検索クエリの表示とフィルタリング、そして除外キーワード設定の手順

 

1.キーワードタブの詳細メニューから「検索語句-すべて」を選びます。

1.キーワードタブの詳細メニューから「検索語句ーすべて」を選びます。

表示期間は、通常は全期間で良いでしょう。

 

2.検索クエリが表示されたらフィルタメニューをクリックして「クリック率」と「コンバージョン率」が共に“平均より小さく”なるよう設定する。

クリック率とコンバージョン率について、それらの平均値を不等号(より小さい)で指定します。そのフィルタリング結果でキーワードが多く出すぎた場合はクリック率とコンバージョン率を少しずつ減らして絞り込んでいきます。

2.検索クエリが表示されたらフィルタメニューをクリックして「クリック率」と「コンバージョン率」が共に平均より小さくなるよう設定する。

 

3.商品やサービスとの関連が薄いキーワードにチェックを入れて「キーワードとして追加」ボタンを押します。

このアカウントの例では、腕時計の文字盤に自由に絵柄を印刷できるカスタマイズ腕時計をプロモーションしているアカウントになります。フィルタリングされたキーワードを一つずつみながら、関連のない固有名詞などを除外ワードの候補としてチェックしていきます。

3.商品やサービスとの関連が薄いキーワードにチェックを入れて「キーワードとして追加」ボタンを押します。

 

4.この画面では保存せず、キーになるキーワードを考えて、キャンペーンの部分一致除外ワードなどで登録

「キーワードとして追加」ボタンを押すとチェックしたキーワードが下の画面のように一覧で表示されます。しかし、チェックした複合キーワードをそのまま除外ワードとして登録するのではなく、この例の場合だと「妖怪ウォッチ」、「ディーゼル」、「砂時計」など、キーとなる単一ワードを除外ワードとしてAdWords Editorなどを使って設定します。

4.この画面では保存せず、キーになるキーワードを考えて、キャンペーンの部分一致除外ワードなどで登録

 
 
今回はAdWordsの例で書きましたが、Yahoo!プロモーション広告も全く同じ操作ができます。

また、チェックしたワードによっては除外ワードの設定ではなく、キーワードマッチの絞り込み、たとえば部分一致を絞り込み部分一致にするなどの対応で対処出来る場合もあります。

 
 

Pocket