YDN “ディスプレイ”の画像ファイル広告を一括変更登録する手順

YDNには、テキスト/ディスプレイ/テンプレートと3つの広告掲載フォーマットがあります。

YDNには今のところ、AdWords EditorやYahoo!キャンペーンエディターのようなオフライン編集ツールがありませんので、広告文などを一括編集するにはエクスポート/インポート機能を使います。

“テキスト”と、“テンプレートのテキスト部分”については、エクスポートしたCSVファイルを少し書き換えるだけで、簡単に広告文の変更や追加ができます。
Yahoo!スポンサードサーチやYDNでインポート機能を使ってA/Bテストの広告を一括登録する方法

しかし、ディスプレイの広告は画像ファイルになるので、一括登録するにはCSVファイルの編集だけでなく前もって画像のアップロードが必要となります。

その手順をこの記事で説明します。

 
 

まずは画像をアップロード

 
画像ファイル管理で「複数のファイルをまとめて追加する」で、画像をまとめて追加します。

この例ではわかりやすいよう3つのファイルを追加しています。

画像ファイル管理 →画像追加ボタン → 複数のファイルをまとめて追加する → ファイル選択

 
 

画像情報のCSVをダウンロード

 
画像をアップロードすると、それらに新しく画像IDが割り振られますので、そのCSVデータをダウンロードします。

全画像情報のダウンロードファイルを作成

 

ダウンロードしたCSVにある以下の3つの情報、ピクセルサイズ、画像名、画像IDを後で使います。

画像情報のダウンロードファイルのピクセルサイズ、画像名、画像IDを後で使います。

 
 

広告のCSVファイルをダウンロードして編集

 
広告タブで、変更する元となるディスプレイの画像広告をチェックし、それらのダウンロードファイルを作成します。

広告タブで選択した広告のダウンロードファイルを作成

 
ダウンロードしたCSVファイルを開き、まずはピクセルサイズに合わせて新しく追加する画像名に書き換えます。

ピクセルサイズに合わせて新しく追加する画像名に書き換える

 
そして、広告IDを消し、画像IDを新しく書き換えます。

広告IDを消し、画像IDを新しく書き換える

あとは、このファイルをアップロードすれば、ディスプレイの画像広告の新規追加が完了します。
 
 

少し手数はかかりますが、多くのディスプレイよう広告画像がある場合は一括でできるので、管理画面上でやるよりとても簡単です。

 
 

Pocket

Yahoo!スポンサードサーチやYDNでインポート機能を使ってA/Bテストの広告を一括登録する方法

Yahoo!スポンサードサーチやYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)では、インポート機能とエクセルシート使えば、大量のテキスト広告でも、A/Bテスト用の広告を簡単に一括登録できます。

今日はその方法を記します。スポンサードサーチとYDNのインポート機能のインターフェイスは基本的に同じですので、やり方も同じになります。

AdWordsやスポンサードサーチにはローカルで一括編集するAdWords Editorやキャンペーンエディターがありますが、YDNにはそういった機能が今のところないので、YDNには特に有用な方法です。

 

広告データのダウンロードからインポートまでの作業手順

 

  1. 広告タブのダウンロードメニューからダウンロードファイルを作成
  2. 1.広告タブのダウンロードメニューからダウンロードファイルを作成

     

  3. ダウンロードが完了したら「ダウンロード(CSV)」をクリック
  4. 以下の画面のように、ダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了すると「ダウンロード(CSV)」の青文字リンクが現れます。こちらをクリックするとCSVファイルがダウンロードできます。

    2.ダウンロードが完了したら「ダウンロード(CSV)」をクリック

     

  5. CSVファイルを開いて重複している広告グループを一つだけにする
  6. 一つの広告グループに2つ以上の広告文が登録されている場合は、このCSVファイル上では広告グループが重複していますので、何らかの方法で広告グループを1つずつにする必要があります。

    この記事では、広告IDを使って広告グループの重複をなくす例を説明します。一つの広告グループに広告文が1つしかない場合は3.と4.の作業は必要ありません。

    下の図のように、広告IDで並べ替えます。

    3.CSVファイルを開いて重複している広告グループを一つだけにする

     

  7. 新しい広告文か古い広告文のどちらかを行ごと削除
  8. 新しい広告文か古い広告文の行ごと、どちらかを削除すると、広告グループの重複がなくなります。

    4.新しい広告文か古い広告文のどちらかを行ごと削除

     

  9. 新しい広告文を作成するため、広告IDを削除する
  10. キャンペーンIDと広告グループIDはそのままにしておいて、広告IDだけを削除しセルを空白のままにしておきます。

    5.新しい広告文を作成するため、広告IDを削除する

     

  11. 広告名を、日付+連番など新しい名前にする
  12. 広告名をあとから管理しやすいよう「日付+連番」などの名前にします。

    新しい広告データを一括インポートするためには、広告IDを削除して、広告名を新しいものにする必要があります。

    6.広告名を、日付+連番など新しい名前にする

     

  13. 新しく広告文を書き入れたCSVファイルをインポート
  14. 広告文を新しいものに書き換えたら、あとはCSVファイルを保存してインポートするだけです。

    また、このファイルを保管しておけば、広告名と広告文を新しくするだけでA/Bテスト用の広告文の一括追加ができます。

    7.新しく広告文を書き入れたCSVファイルをインポート

 

インポートエラーが発生した場合は、エラーファイルをダウンロードしてください。そのファイルにどうしてエラーになったかがそれぞれの行に書かれています。それらに従ってファイルを修正し、再度インポートします。

 

Pocket