YDN “ディスプレイ”の画像ファイル広告を一括変更登録する手順

YDNには、テキスト/ディスプレイ/テンプレートと3つの広告掲載フォーマットがあります。

YDNには今のところ、AdWords EditorやYahoo!キャンペーンエディターのようなオフライン編集ツールがありませんので、広告文などを一括編集するにはエクスポート/インポート機能を使います。

“テキスト”と、“テンプレートのテキスト部分”については、エクスポートしたCSVファイルを少し書き換えるだけで、簡単に広告文の変更や追加ができます。
Yahoo!スポンサードサーチやYDNでインポート機能を使ってA/Bテストの広告を一括登録する方法

しかし、ディスプレイの広告は画像ファイルになるので、一括登録するにはCSVファイルの編集だけでなく前もって画像のアップロードが必要となります。

その手順をこの記事で説明します。

 
 

まずは画像をアップロード

 
画像ファイル管理で「複数のファイルをまとめて追加する」で、画像をまとめて追加します。

この例ではわかりやすいよう3つのファイルを追加しています。

画像ファイル管理 →画像追加ボタン → 複数のファイルをまとめて追加する → ファイル選択

 
 

画像情報のCSVをダウンロード

 
画像をアップロードすると、それらに新しく画像IDが割り振られますので、そのCSVデータをダウンロードします。

全画像情報のダウンロードファイルを作成

 

ダウンロードしたCSVにある以下の3つの情報、ピクセルサイズ、画像名、画像IDを後で使います。

画像情報のダウンロードファイルのピクセルサイズ、画像名、画像IDを後で使います。

 
 

広告のCSVファイルをダウンロードして編集

 
広告タブで、変更する元となるディスプレイの画像広告をチェックし、それらのダウンロードファイルを作成します。

広告タブで選択した広告のダウンロードファイルを作成

 
ダウンロードしたCSVファイルを開き、まずはピクセルサイズに合わせて新しく追加する画像名に書き換えます。

ピクセルサイズに合わせて新しく追加する画像名に書き換える

 
そして、広告IDを消し、画像IDを新しく書き換えます。

広告IDを消し、画像IDを新しく書き換える

あとは、このファイルをアップロードすれば、ディスプレイの画像広告の新規追加が完了します。
 
 

少し手数はかかりますが、多くのディスプレイよう広告画像がある場合は一括でできるので、管理画面上でやるよりとても簡単です。

 
 

Pocket

AdWords、YDN、Facebook広告を始める際に作るイメージ広告やレスポンシブ広告の画像サイズ一覧

ネット広告では様々な大きさの画像の広告を使うことができます。

スマフォ、タブレット、PCなど様々な画面の大きさを持つデバイスが使われており、ブログやアプリなどへの広告の掲載面も様々なので、広告に使われる画像の形や大きさも多種に渡ります。

また最近では無制限に多様化する画面に対応するため、広告のサイズやレイアウトがデバイスごとに最適化されて表示される、いわゆる“レスポンシブ”な広告表示も一般的になってきました。

この記事では、AdWordsディスプレイネットワーク、Yahooディスプレイアドネットワーク、Facebook広告を始める際に作成する必要のある主な画像のサイズ一覧を紹介しています。

 

AdWords、YDN、Facebook広告で使うイメージ広告やレスポンシブ広告のサイズ一覧

AdWords、YDN、Facebook広告で使うイメージ広告やレスポンシブ広告のサイズ一覧

画像サイズとしては、全部で21種類あります。

 

AdWords用の画像でYDNディスプレイはカバーできる

上の表の通り、AdWordsのイメージ広告15個をすべて作ると、YDNディスプレイ広告の画像6つはすべてカバーされます。
参考:AdWordsイメージ広告のサイズ詳細

 

YDNテンプレートまたはインフィード広告用には新しく画像を4つ作る必要がある

YDNテンプレートまたはインフィード広告を行う場合は、180×180、300×250、300×300、1200×628の3つのサイズの画像を新たに作る必要があります。

180×180の画像は企業のロゴなどに使います。

それ以外のレスポンシブな画像はデバイスや表示場所に合わせかなり小さく表示されたりトリミングされて表示されますので画像内に文字は使えません(レスポンシブの画像は別で設定するテキストと一緒に表示されますので文字を入れる必要はありません)。ですから、AdWordsやYDNディスプレイ用に作った300×250サイズの画像などは、サイズは同じでもそのまま使えないので新たにYDNテンプレートまたはインフィード広告用に作ることになります。
参考:YDNの掲載フォーマット

 

Facebook広告用画像の1つはYDNのレスポンシブ画像と同じサイズ

Facebook広告については、広告の目的に応じて4種類の大きさの画像を作る必要がありますが、YDNのレスポンシブ用画像1200×628のサイズがFacebook広告用にそのまま使える場合があります。
参考:Facebook広告に使える画像のサイズ

 

 
 

Pocket