Analyticsの滞在時間を使ってAdWordsでコンバージョン計測する際の注意点

Google AnalyticsのゴールをGoogle AdWordsのコンバージョンとしてインポートすることができます。

たとえば、Analyticsの滞在時間やページビュー数などのゴール設定をAdWordsのコンバージョンとして使用することができます。

見積依頼やメルマガ登録、商品購入などのサイト上での最終アクションのコンバージョン数が例えば1ヶ月で5件など少ない場合は単価調整などで最適化するのに時間がかかりすぎてしまいます。そんな状況の場合は、その最終目的のアクションに至る途中段階のコンバージョンとして、滞在時間やページビュー数をコンバージョン計測するというのが一つの有効な方法です。

ただし1枚ランディングページのメルマガ登録や見積依頼ページだとページビュー数をカウントすることができませんので、滞在時間でコンバージョンを測ることになります。これは便利な方法ですが、滞在時間のコンバージョンについてはこの記事で書いた注意点があります。

 

スマフォ向け広告のうっかりタップ問題

最近はスマフォやアプリ向けの広告が盛んになってきていて、スマフォは画面が小さいことや操作方法がマウスではなく指先での操作になるので、PCと比べてうっかり間違って広告をクリックしてしまうことが多くなっています。

今年の6月25日にスマフォ向け広告のうっかりタップの回避策がAdWordsの公式ブログ(英語版)で発表されました。
http://adwords.blogspot.jp/2015/06/better-click-quality-on-display-ads.html

このような対策がなされることで今後は徐々にスマフォ上で間違って広告をクリックすことは少なくなっていくと考えられますが、ゼロに近づくにはまだまだ先のことになりそうです。このAdWordsの記事には50%の意図しないクリックがスマフォ上で起こってしまうという調査結果が出たと書いてあります。

 

Analyticsの滞在時間は見ていなくてもカウントされてしまう

Analyticsの滞在時間コンバージョンは、バックグラウンドでブラウザのタブが設定した滞在時間以上開いていればコンバージョンとしてカウントされてしまう点が問題です。

スマフォのユーザーが意図せず広告をクリックし、ブラウザのタブが開かれ、そのタブが閉じるまでもしくは別のページに更新されるまでの間、ユーザーが全くそのページをみていなくても滞在時間のコンバージョンとしてカウントされてしまいます。

たとえば、アプリ上に表示されるAdWordsのイメージ広告を誤ってクリックして、リンク先ページがブラウザで開かれ、そのユーザーがそのリンク先ページに全く興味がなくすぐにアプリに戻ってしまった場合にも、バックグラウンドで一定時間以上タブが開かれていればコンバージョンが計測されてしまうことになります。

 

まとめ

ということで、Analyticsの滞在時間をAdWordsのコンバージョンを使う場合は、意図しないクリックが多く含まれていることを頭に入れておく必要があります。

とはいえ1枚ページだとページビュー数のコンバージョン計測も使えないので、見積依頼などの最終ゴールに至る前に、興味を持った人がクリックするであろうコンバージョン計測のためのボタンとリンク先ページを作成するというのも一つの方法です。たとえば、「見積依頼の前にお読み下さい」といったページを用意してそこでコンバージョン計測するなどの方法があります。

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>