AdWordsリマーケティング類似ユーザーの広告表示の質を改善する実践例

リマーケティングの類似ユーザーを使うと広告の表示機会がいっきに増えます。

たとえばこの記事で紹介している事例では、過去30日で類似ユーザーの平均クリック単価が1/2にもかかわらず、その表示回数は元のリマーケティングリストへの表示とくらべて5倍以上の表示回数となりました。

しかしやはり、その表示の質は元のリマーケティングと比べて劣るので、その表示の質を上げる表示の絞り込み施策についての実践例をこの記事では書いてみます。

類似ユーザーのクリック単価は半分にもかかわらずコンバージョン単価は3倍という例

類似ユーザーのクリック単価は半分にもかかわらずコンバージョン単価は3倍

 
 

クリック単価を下げるのではなく、表示の絞り込みを先にする

重要なのは、このような状態になって表示機会がいっきに増えた場合、類似ユーザーのコンバージョン単価が低いからと言って単純にクリック単価を下げるのではなく、表示の絞り込みを先にすべきということです。

なぜかというと、クリック単価を下げることによってコンバージョン率が高いユーザーの集団に広告を届けることができなくなってしまい、せっかくとれていたコンバージョンが取れなくなってしまう可能性が出てくるからです。

表示の絞り込みをする際にはコンバージョン単価が低くコンバージョン数が多い表示先というのが質の高い表示先と判断できます。

今回は、デバイスと性別で結果に違いが出るという特徴が見られたので、その2点について表示の絞り込みを行います。

 
 

デバイス別のコンバージョン数を比較

 
デバイス別のデータを見てみると、元のリマーケティングリストではPCとスマフォ経由どちらもそれほど変わらないコンバージョン単価でしたが、

元のリマーケティングの広告グループではデバイス別にそれほど違いは見られない

 
類似ユーザーのリストではスマフォからのコンバージョンに偏っていました。

類似ユーザーの場合はPCと比べてスマフォのほうがかなり良い結果が出ている

ですので、この類似ユーザー広告グループのスマフォの入札単価調整費を増やす設定をしました。

 
 

男女別のコンバージョン数を比較

 
男女別のデータを見てみると、元のリマーケティングリストからのコンバージョンが男女でコンバージョン数の開きがないのと比べ、類似ユーザーのほうは男性からのコンバージョンが多いという特徴が見られました。

類似ユーザーのほうは男性からのコンバージョンが多いという特徴がある

 
ですので、この例では男性の入札単価調整費を上げるという設定をしてみました。

男性の入札単価調整費を上げるという設定

 
年齢については選択肢が男女やデバイスと比べて多いので、もう少し全体のコンバージョン数が増えてより統計データとして有意な状態になったら絞り込みができそうです。

 
 

今回はデバイスや属性データに違いが見られたのでそこで絞り込みをしてみましたが、広告グループ除外設定からトピックやインタレストなどを使って絞り込みを掛けるという方法も考えられますね。

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>