AdWords 電話番号表示オプションの、コンバージョンやコール数などの統計データの見方

電話番号表示オプションは、広告文に電話番号を追加できる機能です。052などの市外局番をつけて地域密着ビジネスをされている方にはおすすめの機能です。

電話の通話ができるスマフォユーザーに対して広告が表示される場合、広告に追加された電話番号がクリックされるとそのまま通話ができる広告となります。

ですから広告文に「今スグお電話下さい」といった文言を加えて、電話相談や電話の予約や見積受付などのビジネスに使える機能です。

今回は、少し勘違いしやすい電話番号表示オプションの統計データの見方について書いてみました。

 
 

1.広告表示オプションのタブを押して左上のメニューから電話番号表示オプションを選択

まずは設定済の電話番号表示オプションの管理画面を開きます。

1.広告表示オプションのタブを押して左上のメニューから電話番号表示オプションを選択

 
 

2.クリック数、コンバージョン数などのデータは電話番号が広告内に表示された際の広告についての数値

サイトリンクなど他の広告表示オプションも同じですが、ここで表示されるクリック数・表示回数・コンバージョン数などはすべて、広告表示オプションがテキスト広告と一緒に表示された際に、その広告表示オプション付きの広告が何回表示されてクリックされたのかなどを示す数値です。サイトリンクや電話番号がクリックされた数値ではありません。

少しややこしいですが、電話番号表示オプションの場合も、クリック数というのは電話番号がクリックされた数ではなく、電話番号が表示された広告がクリックされた数になります。

2.クリック数、コンバージョン数などのデータは電話番号が広告内に表示された際の広告についての数値

 
 

3.電話番号が何回クリックされたかを見るには、「分割」メニューから「クリックタイプ」を選択

では、電話番号が何回クリックされたかを見たい場合にどうするかというと、下の画像の通り「分割」メニューから「クリックタイプ」を選択する必要があります。

3.電話番号が何回クリックされたかを見るには、「分割」メニューから「クリックタイプ」を選択

 
 

4.「モバイル Click-to-Call」 の数値が電話番号をクリックしたコール数

この画像でいくと、「モバイル Click-to-Call」 の数値64が、広告に表示された電話番号をスマフォユーザーがクリックして電話につながった数となります。

この数字にはミスクリックなども含まれるはずなので、実際の通話数とは異なると考えられます。

4.「モバイル Click-to-Call」 の数値が電話番号をクリックしたコール数

 
 

以上、電話番号表示オプションの基本的な統計データの見方でした。

 

ちなみに日本国内は未対応ですが、欧米のいくつかの国で提供されている「専用転送電話番号」を使うと、通話時間、開始/終了時間、発信者の市外局番、電話がつながったかどうか、などの詳細なレポートを確認することもできます。

AdWordsヘルプ:AdWords 専用転送電話番号を設定して詳細なコールレポートを確認する(日本未対応)
https://support.google.com/adwords/answer/2454052

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>