AdWordsの広告文A/Bテストの判定結果を詳細分析タブのラベルでチェック

今日は、私がやっているAdWordsの広告文A/Bテストのやり方について書きます。

A/Bテスト用に追加した広告のラベルの名前を日付にしておくと便利です。

 
 

1.新規作成した広告文を検索で絞り込んで表示させ、その日の日付でラベルを設定

こちらの記事のAdWords Editorを使った方法で新しい広告文を作ったら、AdWordsの管理画面に戻ります。

“古い広告文になく新しい広告文にあるキーワード”で検索し、新しい広告文だけを表示したらそれらを選択します。

そして、ラベルを新規作成してその日の日付の名前をラベル名に設定します。

1.広告タブで新しく作成した広告文だけ表示させ、その日の日付でラベルを設定

 
 

2.一定期間経過後、詳細分析タブの左上メニューから「ラベル-広告」を選択して結果を確認

数週間後、2ヶ月後など、データを比較するのに十分な期間が過ぎたら詳細分析タブを見てみます。

以下の画像のとおり、詳細分析タブからラベルごとの広告の掲載結果を確認することができます。

2.詳細分析タブの左上メニューから「ラベル-広告」を選択

 
 

3.クリック率とコンバージョン率を比較

下の画像のように、ラベルごとの掲載結果のデータが表示されます。

※比較する期間は、ラベルにある日付を確認して今回は2015年8月5日から8月21日に設定しています。

3.クリック率とコンバージョン率を比較

広告文は、クリック率とコンバージョン率の両方が良い方を残します。

この例の場合、2015年8月5日新しく作ったほうは、クリック率もコンバージョン率も低下してしまいましたので、originalのほうを残します。

もう少し細かく見ると、クリック単価は新しい広告文のほうが低くなっていますが、コンバージョン率が低いのでコンバージョン単価も新しいほうが上がってしまっています。

ということで少し測定期間が短いですが、このアカウントの場合は古い広告文を残し、2015年8月5日の広告文を削除してあらたに別の広告文を作成してA/Bテストを継続していきます。

 
 

Pocket

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>