レスポンシブ検索広告は広告文テストの悩みを一気に解決してくれるか?

 
最近、床拭きロボットのブラーバジェットを購入しました。昔使っていたルンバよりも小ぶりで静か、部屋もスッキリときれいになり気に入ってます。

Gmailの迷惑メール振り分け、画像・音声検索や、Amazonの商品サジェストなどAIはすでに生活に溶け込んだ当たり前のものとなりました。

最近ではプログラミングなしで機械学習の恩恵を受けられるサービスも出てくるなど、ビジネスにおいても日々AI活用が進んでいます。

 

AIファーストGoogle広告の飛躍となりそうなレスポンシブ検索広告

Googleは2017年5月にAIファーストを掲げ、広告の分野でも機械学習の活用はさらに加速しています。その目玉の一つとなりそうなのがレスポンシブ検索広告です。

レスポンシブ検索広告は今日(2018年7月31日)の時点では英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語でのみ利用可能で、日本語はまだこれからの予定でリリース待ちの状態です。

【2018年8月2日 追記】
YouTubeのGoogle Partners Livestreamによると日本ではベータ版が8月に公開されるとのことです。

レスポンシブ検索広告がこれまでの検索広告と大きく違うのは、最適な広告文をパーツの組み合わせでAIが作ってしまうところです。

広告文のパーツとして登録された短い文章を、AIが状況に合わせて自動で組み合わせテストを繰り返して学習し、検索語句やユーザーの状況に合わせてより最適な結果の出やすい広告を表示させる仕組みです。

レスポンシブ検索広告の概念図

レスポンシブ検索広告の場合は最大で15種類の見出しと4種類の説明文を組み合わせて広告文が自動作成されるので、その組み合わせは桁違いで万単位の数になります。

Googleによると、レスポンシブ検索広告の機械学習技術のテスト効果で、平均で獲得クリック数が最大15%増加したとのことです。

 

レスポンシブ検索広告で広告文テストや運用スタイルも大きく変わる?

これまでは広告文のテストをするためには、あるキーワードに対してテストしたい数の広告文を考える必要がありました。

たとえばある主要なキーワードに対して3つの広告文を3人別々に自由に考えたとして、そのうち1つが明らかにパフォーマンスが悪かったとします。しかし、その広告文のどの部分がパフォーマンスを落としていたかというのは、自由に作られた広告文の場合はハッキリと分からないことになります。広告文は文章として流れで意味を持つものなので、文章内の単語の順序なども成果に関わってくると考えられるからです。

逆に同じ順序の広告文で一部の語句だけ変えてテストするといったこともできますが、それだとテスト効果としては物足りないし、効果の高い広告文を見つけ出すにはより多くの表示回数やクリックが必要で、時間とお金がかかることになってしまい非効率です。

しかも数あるキーワードごとにテスト広告文を考えていくのはさらに現実的ではなくなってきます。かといって、すべてのキーワードに対して同じ広告文でテストをするのも上手い方法とは言えません。

レスポンシブ検索広告はこういった広告文テストの実務的な悩みを一気に解決してくれるツールだと期待できそうです。

機械学習の力で、人間ではできない多くのデータをリアルタイムで処理し続けて学習し、検索されたキーワードごとにそのつど最適な広告文という解を学習結果から見つけてきてくれるからです。

レスポンシブ検索広告が始まるとこれまでの運用スタイルも大きく変わりそうです。

広告運用も効率化がメインではなく、人間が日々生み出す検索クエリ(実際に検索されたワード)をチェックして、検索者の意図を肌で感じながら、広告文のパーツを入れ替えていくといったクリエイティブな仕事の重要性が増していきそうですね。

Pocket

Googleマップで上位表示できるローカル検索広告の決め手は星の数

 

Googleマップは日本で2番目に使われているアプリ

ニールセンの2017年の調査によると、Googleマップは今日本でLINEに次いで2番めに使われているアプリです。

4000万人以上の人が使っています。

運転中や駅から目的地まで歩くときのナビに使ったり、なにか目的の店舗を探すのにも皆が使っているのがGoogleマップです。

たとえば近くの矯正歯科を探したいときは、Googleマップのアプリを開いて検索窓に矯正歯科と入れて検索するのが便利ですね。

スマホのGoogleマップのアプリで「矯正歯科」と検索すると、このような画面が出てきます。(2018年7月30日現在)

矯正歯科Googleマップ検索

赤丸部分がGoogle広告とGoogleマイビジネスを設定すると表示できる「ローカル検索広告」になります。

このローカル検索広告を出稿すると、Googleマップ検索結果のリストの一番上の目立つところに出せます。

またマップ上では広告を出した場合だけ紫色のポインター(ほかは赤色)なので少し目立つことができます。

 

ローカル検索広告のトップに表示するだけでは意味がないことも

しかしお気づきの通り、一番上に表示されたからといって、問い合わせ先として選ばれるかというとそうとも限りませんね。

とくに医療系やリフォームなどの人的なサービスでは、星の5段階評価や口コミの数と内容が、問い合わせ先として選ばれるための一番のキーポイントとなるのは検索ユーザーの視点から考えるとわかります。

検索してサービスを探す人は、検索結果の中から自分にとって最も良いと思われるサービスを自分の判断で選ばなくてはならなりません。

そして画面にリスト表示されて一番目立つ星の評価ポイントが、まずは判断の頼りとなると考えられるからです。

逆にどこでも買える日用品をホームセンターに買いに行くといったような「近くて便利」を求める検索ユーザーにとっては、自宅からの距離が選ばれる基準として重視されますので、評価はそれほど気にしなくても良いですね。

またローカル検索では名の通った大型店は広告を使わなくても上位に表示されたりします。

小さくても魅力や特徴のあるお店がローカル検索広告を出して集客に役立てる際には、自社の評価がまだ1件もない場合は良い評価ポイントと口コミを積極的にいただくよう満足度の高い顧客に働きかけるなどして評価を上げていけば、リスト上での他社との比較で優位に立てます。

もちろん自然に良い評価がついていれば言うことなしですが、Googleも口コミ投稿をお願いすることを推奨しています。

その結果、広告の効果もより高くなります。

他の同列に並ぶお店と比較されて、「評価2.5ポイントのお店か~っ」と思われてトップに表示されているからとりあえずクリックされるのと、「お、5ポイントのお店だ」という印象でクリックされるのでは、同じ1クリックでも大違いですね。

 

隙間のチャンスが転がっているかも

業種と地域の掛け合わせによっては、ローカル検索広告をライバル他社が出していないことも多いので、その場合はチャンスです。

少ない広告費(クリック単価)で、Googleマップの検索結果1位を取ることができます。

しかも★5つでほかは口コミがないとするととても目立ちますね。

一度ご自身の業種キーワードでGoogleマップ検索をしてみてはいかがでしょうか?隙間のチャンスがころがっているかもしれません。

 

Pocket