完全一致のインプレッションシェアを使って広告グループのキーワード構成を見直す手順

Google AdWordsの「検索広告の完全一致のインプレッション シェア」は、登録しているキーワードと実際に検索のあったキーワードがどのくらい一致しているかの指標です。

この指標の完全一致というのは、キーワードのマッチタイプの完全一致のことではありません。マッチタイプには関係なく、例えば部分一致で登録しているキーワードであっても検索ワードと一致すると、完全一致のインプレッションとして数えられます。

この完全一致のインプレッションシェアが相対的に低い広告グループを見ていくと、部分一致を絞り込み部分一致やフレーズ一致など他のマッチタイプに変更するヒントを得られたり、広告グループ単位で除外すべきキーワードや他の広告グループに分けるべきキーワードを見つけることができ、広告グループのキーワード構成を効率よく改善することができます。

その手順を具体的に書いていきます。

 
 

1.広告グループタブで、競合指標の完全一致のインプレッションシェアを表示させる

完全一致のインプレッションシェアはデフォルトでは管理画面に表示されていないので、「表示項目」メニューから選んで表示させます。

1.広告グループタブで、競合指標の完全一致のインプレッションシェアを表示させる

 
 

2.フィルタで検索ネットワークのキャンペーンだけ表示させる

検索ネットワークのキャンペーンが複数ある場合はフィルタリングを使って検索ネットワークのキャンペーンだけを表示させます。

検索ネットワークのキャンペーンが一つの場合や、特定のキャンペーンだけ編集したい場合はそのキャンペーンを選ぶだけです。

2.フィルタで検索ネットワークのキャンペーンだけ表示させる

 
 

3.表示回数の多い順で並べ替えて、完全一致のインプレッションシェアが低い広告グループを編集

インプレッションシェアの比較になりますので、表示回数の多い順で広告グループを並べ替えます。

そして上から順に見ていって、完全一致のインプレッションシェアが相対的に低い広告グループを見つけてそれを編集します。

3.表示回数の多い順で並べ替えて、完全一致のインプレッションシェアが低い広告グループを編集

 
 

4.広告グループのキーワードタブで「検索語句」をクリックして実際の検索語句を確認して編集

その広告グループで「検索語句」をクリックすると、どんな検索語句(検索クエリ)でこれまで検索されてきたのかが分かります。

4.広告グループのキーワードタブで「検索語句」をクリックして実際の検索語句を確認して編集
 
 
完全一致のインプレッションシェアが低い広告グループの検索語句を見ていくと例えば、

  • 他の広告グループに出てきて欲しい検索語句がある
  • 登録していないライバルの固有名詞が現れる
  • 固有名詞の別の呼び名を発見できる
  • 新たにキーワードとして登録すべきフレーズが沢山出てくる
  • 対立する意図しない側のターゲットに表示されていることが分かる(例えば雇用主と従業員など)

といった様々な改善のヒントを得られます。

このように、表示回数が多く完全一致のインプレッションシェアが低い広告グループは、改善の効果を大きく上げられる可能性の高い広告グループである確率が高くなります。

 
 

改善の具体策としては、

  • 部分一致を絞り込み部分一致に変更する
  • 他の広告グループに表示したいワードを広告グループ単位で除外ワードに追加する
  • 全く表示したくないワードはキャンペーン単位の除外ワードに追加する
  • コンバージョンが取れているキーワード用に新たに広告グループを追加する
  • 広告グループに関連する3語以上の実際の検索語句をフレーズ一致として登録する

といった方法が考えられます。

 
 
この作業を続けていくと、広告グループに登録されたキーワードに対して意図する広告文を表示できキーワードと広告グループの関連性が高まり、クリック率も高まっていくことになるので、品質スコアが上がってアカウント全体のパフォーマンスを上げることが可能となります。
 
 

Pocket

YDN “ディスプレイ”の画像ファイル広告を一括変更登録する手順

YDNには、テキスト/ディスプレイ/テンプレートと3つの広告掲載フォーマットがあります。

YDNには今のところ、AdWords EditorやYahoo!キャンペーンエディターのようなオフライン編集ツールがありませんので、広告文などを一括編集するにはエクスポート/インポート機能を使います。

“テキスト”と、“テンプレートのテキスト部分”については、エクスポートしたCSVファイルを少し書き換えるだけで、簡単に広告文の変更や追加ができます。
Yahoo!スポンサードサーチやYDNでインポート機能を使ってA/Bテストの広告を一括登録する方法

しかし、ディスプレイの広告は画像ファイルになるので、一括登録するにはCSVファイルの編集だけでなく前もって画像のアップロードが必要となります。

その手順をこの記事で説明します。

 
 

まずは画像をアップロード

 
画像ファイル管理で「複数のファイルをまとめて追加する」で、画像をまとめて追加します。

この例ではわかりやすいよう3つのファイルを追加しています。

画像ファイル管理 →画像追加ボタン → 複数のファイルをまとめて追加する → ファイル選択

 
 

画像情報のCSVをダウンロード

 
画像をアップロードすると、それらに新しく画像IDが割り振られますので、そのCSVデータをダウンロードします。

全画像情報のダウンロードファイルを作成

 

ダウンロードしたCSVにある以下の3つの情報、ピクセルサイズ、画像名、画像IDを後で使います。

画像情報のダウンロードファイルのピクセルサイズ、画像名、画像IDを後で使います。

 
 

広告のCSVファイルをダウンロードして編集

 
広告タブで、変更する元となるディスプレイの画像広告をチェックし、それらのダウンロードファイルを作成します。

広告タブで選択した広告のダウンロードファイルを作成

 
ダウンロードしたCSVファイルを開き、まずはピクセルサイズに合わせて新しく追加する画像名に書き換えます。

ピクセルサイズに合わせて新しく追加する画像名に書き換える

 
そして、広告IDを消し、画像IDを新しく書き換えます。

広告IDを消し、画像IDを新しく書き換える

あとは、このファイルをアップロードすれば、ディスプレイの画像広告の新規追加が完了します。
 
 

少し手数はかかりますが、多くのディスプレイよう広告画像がある場合は一括でできるので、管理画面上でやるよりとても簡単です。

 
 

Pocket

AdWordsの入札戦略、目標広告費用対効果(ROAS)の設定

通販サイトや教材販売などネットで売上が上がるビジネスを行っていて、リスティング広告で合計コンバージョン値を使って売上まで計測している場合には「目標広告費用対効果(ROAS)」の入札戦略が使えます。
※ROASは“Return On Advertising Spend”の略

コンバージョンにつながるクリックとそうでないクリックがあるように、売上につながるコンバージョンとそうでないコンバージョンがあります。この目標広告費用対効果の入札戦略を使うと、売上に繋がりやすいコンバージョンをより多く得られるよう、AdWordsのシステムがクリック単価を自動で調整してくれます。

目標広告費用対効果の入札戦略では、デバイス、ブラウザ、地域、時間帯などのリアルタイム情報を使用して入札単価が調整されます。

今回、目標広告費用対効果の入札戦略を設定するアカウントのリマーケティングキャンペーンでは以下のように、スマフォとPCで使っている費用はだいたい同じでコンバージョン指標はスマフォのほうが良いにも関わらず、合計コンバージョン値(売上)はPCのほうが2倍近く良いという結果が出ています。このような1コンバージョンあたりの合計売上金額の偏りを最適化してROASが改善するのを期待できます。

スマフォとPCで使っている費用はだいたい同じでコンバージョン指標はスマフォのほうが良いが合計コンバージョン値(売上)はPCのほうが2倍近く

 
 
それでは、このアカウントに入札戦略を設定していきます。

目標広告費用対効果の入札戦略の設定手順

 

まずは、共有ライブラリの入札戦略から目標広告費用対効果を選択します。

共有ライブラリの入札戦略から目標広告費用対効果を選択

 
 
次の画面で、

入札戦略にわかりやすい名前を付けて、キャンペーンを選択し、目標広告費用対効果(ROAS)を入力して保存します。

ROASの推奨値は、過去数週間の実際の広告費用対効果をもとに算出されます。推奨値をそのまま使用するか、実際のビジネス目標(たとえば売上=広告費の3倍)に準じて設定しても良いと思います。

入札戦略にわかりやすい名前を付けて、キャンペーンを選択し、目標広告費用対効果(ROAS)を入力して保存

 
 

あとは、キャンペーン設定の入札戦略で先ほど作成した目標広告費用対効果の入札戦略を選択し保存して設定完了です。

キャンペーン設定の入札戦略で先ほど作成した目標広告費用対効果の入札戦略を選択し保存

 
 

Pocket

Yahoo!スポンサードサーチのフィルタリングを使ったキーワードの一括単価調整

今日は、Yahoo!スポンサードサーチで、フィルタリングの機能を使ったキーワードの一括単価調整について書きます。

通常は広告グループやキーワードタブで合計金額やコンバージョン数などで並べかえをして順番に単価調整をしていきますが、フィルタリングを使えば一度に単価調整の対象となる広告グループやキーワードの単価調整ができるので便利な場合があります。

今回の例は、目標CPA(コンバージョン単価)が1,200円のアカウントについて、コンバージョン率が平均以上でコンバージョン単価が目標の1200円以下のキーワードをフィルタリングして、それらのクリック単価をインポート機能を使って一括で調整する手順です。

 
 

ある程度長めの表示期間を取ってから、
まずは、キーワードタブで以下の様なフィルタを作成して適用ボタンを押します。

ユニークコンバージョン数、ユニークコンバージョン率、コスト/ユニークコンバージョン数でフィルタリング

  • ユニークコンバージョン数は2または3以上とすれば、たまたまコンバージョンしたデータを除くことができます。
  • ユニークコンバージョン率、このアカウントの平均値を入れてコンバージョン率が平均より高いキーワードを選び出します。
  • コスト/ユニークコンバージョン数(コンバージョン単価)にはこのアカウントの目標CPCである1,200円を入れて、それより低いキーワードを選び出します。

 
 

次に、フィルタリングしたキーワードを全選択してダウンロードします。

フィルタリングしたキーワードを全選択してダウンロード

 
 

あとは、エクセルでCSVファイルのクリック単価を編集してインポートすれば、フィルタリングされたキーワードのクリック単価の一括単価調整が完了です。

なお、広告グループの入札単価をキーワードに使っている場合は、ダウンドーロしたCSVファイルの入札価格のところにある「(一括入札)」の文字を消して数字だけにすれば、キーワード単位のクリック単価の編集が可能になります。その際、ラウンド関数 =round(,0) を使うと小数点以下を四捨五入できます。

ラウンド関数で入札価格の小数点以下を四捨五入

 
 

Pocket

AdWordsリマーケティング類似ユーザーの広告表示の質を改善する実践例

リマーケティングの類似ユーザーを使うと広告の表示機会がいっきに増えます。

たとえばこの記事で紹介している事例では、過去30日で類似ユーザーの平均クリック単価が1/2にもかかわらず、その表示回数は元のリマーケティングリストへの表示とくらべて5倍以上の表示回数となりました。

しかしやはり、その表示の質は元のリマーケティングと比べて劣るので、その表示の質を上げる表示の絞り込み施策についての実践例をこの記事では書いてみます。

類似ユーザーのクリック単価は半分にもかかわらずコンバージョン単価は3倍という例

類似ユーザーのクリック単価は半分にもかかわらずコンバージョン単価は3倍

 
 

クリック単価を下げるのではなく、表示の絞り込みを先にする

重要なのは、このような状態になって表示機会がいっきに増えた場合、類似ユーザーのコンバージョン単価が低いからと言って単純にクリック単価を下げるのではなく、表示の絞り込みを先にすべきということです。

なぜかというと、クリック単価を下げることによってコンバージョン率が高いユーザーの集団に広告を届けることができなくなってしまい、せっかくとれていたコンバージョンが取れなくなってしまう可能性が出てくるからです。

表示の絞り込みをする際にはコンバージョン単価が低くコンバージョン数が多い表示先というのが質の高い表示先と判断できます。

今回は、デバイスと性別で結果に違いが出るという特徴が見られたので、その2点について表示の絞り込みを行います。

 
 

デバイス別のコンバージョン数を比較

 
デバイス別のデータを見てみると、元のリマーケティングリストではPCとスマフォ経由どちらもそれほど変わらないコンバージョン単価でしたが、

元のリマーケティングの広告グループではデバイス別にそれほど違いは見られない

 
類似ユーザーのリストではスマフォからのコンバージョンに偏っていました。

類似ユーザーの場合はPCと比べてスマフォのほうがかなり良い結果が出ている

ですので、この類似ユーザー広告グループのスマフォの入札単価調整費を増やす設定をしました。

 
 

男女別のコンバージョン数を比較

 
男女別のデータを見てみると、元のリマーケティングリストからのコンバージョンが男女でコンバージョン数の開きがないのと比べ、類似ユーザーのほうは男性からのコンバージョンが多いという特徴が見られました。

類似ユーザーのほうは男性からのコンバージョンが多いという特徴がある

 
ですので、この例では男性の入札単価調整費を上げるという設定をしてみました。

男性の入札単価調整費を上げるという設定

 
年齢については選択肢が男女やデバイスと比べて多いので、もう少し全体のコンバージョン数が増えてより統計データとして有意な状態になったら絞り込みができそうです。

 
 

今回はデバイスや属性データに違いが見られたのでそこで絞り込みをしてみましたが、広告グループ除外設定からトピックやインタレストなどを使って絞り込みを掛けるという方法も考えられますね。

 
 

Pocket

リスティング広告のアカウント全体の品質スコアが改善しているのかを知る方法

今日は、

AdWordsやYahoo!スポンサードサーチのアカウント全体の品質スコア(Yahoo!は品質インデックス)が改善しているのかを知る方法

について書きます。

 

品質スコアには、アカウント全体の平均値や推移のグラフがないので、私の場合は品質スコア8以上のスコアの良いキーワード数の増減を記録して見ています。

また同時にアクティブなキーワード数も一緒に記録しておくと、全体のなかで品質スコア上位のキーワード数の比率がわかるのでより役立つデータになります。

 
 

やり方はまず、

キーワードタブのフィルターメニューで「品質スコアが8以上のキーワードをフィルタリング」してフィルタメニューを保存して適用ボタンを押します。

キーワードタブのフィルターメニューで品質スコアが8以上のキーワードをフィルタリングしてフィルタメニューも保存して適用

この設定をしておくと次回からフィルタメニューを呼び出すだけで簡単に品質スコア8以上のキーワードをフィルタリングすることができます。
※Yahoo!スポンサードサーチも基本的に同じやり方です。

フィルタ結果の画面を一番下までスクロールすると右下にキーワード数が表示されますので、その値をエクセルなどの管理シートに記録します。

 
 

また、アクティブなキーワード数も以下のように表示させます。

アクティブなキーワードのみ表示させる

上と同じ様に画面をスクロールして一番右下に出てくるアクティブなキーワード数も記録しておけば、キーワード全体の数に対して品質スコア8以上のキーワード数がいくつあるかの比率を確認することができます。

全体のキーワード数は追加や削除などで常に変動しますので、比率もチェックしておくとなお良いですね。

 
 

品質スコアは、通常は時間が経つほど8以上の高い品質スコアを持つキーワードが増えていきますが、アカウントによっては品質スコア9や10のキーワードが増えず、1~3の低い品質スコアのキーワードが増えていってしまうことがあります。

このようなアカウントは要注意です。

広告文のクリック率が悪かったり、WEBサイトの品質評価が低かったり、関連性の低いキーワードを入れすぎたりしていることが考えられます。

 

この記事で書いたような品質スコアの増減を管理できるような表があれば、毎月1回程度チェックするだけで、アカウント全体の品質スコアがよくなっているのか、悪くなっているのかが分かります。

キーワード全体の数を減らさず、または少しずつ増やしながらも、品質スコアの高いキーワードの数とその比率を増やしていくのが理想的な運用です。

 
 

Pocket

品質スコアの低いキーワード。。どれを削除し、どれを残すべきか?

品質スコアが1~3といった低いキーワードはそのままにしておくと、アカウント全体の品質スコアにまで影響を与えてしまい、キーワード全体の品質スコアが下がってしまいますので、それらの品質スコアが低いキーワードは削除または停止しておく必要があります。

これらの操作を全くしないでそのままにしておくと、アカウント内に品質スコア9や10のキーワードがなかなか出てこない、といった状況になってしまいます。

ただ、品質スコア1以下はすべて削除するにしても、2以下のキーワードを削除するのか、それとも3以下にするのか、などと迷ったことはありませんか?

 

例えば品質スコア2以下はすべて削除、3以上はすべて生かしておくという判断でもいいと思いますが、もう一つ軸を加えるとすれば、例えば以下の方法があります。

 

その方法は、コンバージョン数を見る方法です。

まずは、削除するか残すか迷うレベルの品質スコアが2か3のキーワードをフィルタリングし、

品質スコアが2か3のキーワードをフィルタリング

 

フィルタリングした結果をコンバージョン数で並べ替えて、コンバージョンがゼロのキーワードだけ削除します。

コンバージョン数がゼロのキーワードだけ削除する

 
 
たとえ、AdWordsのシステム的な評価が何らかの理由で一時的に悪くても、実際にコンバージョンが出ていればそのキーワードは実質的に品質の良いキーワードということになります。

広告文の変更やキーワードの組み換えなどにより推定クリック率が上がれば品質も上がってきます。コンバージョンが出ているキーワードというのは品質スコアが上がる可能性の高いキーワードになりますので、品質スコアが低いキーワードであってもコンバージョンが取れているキーワードであれば残すという手が考えられるのです。

 

逆に、普通に運用していて品質スコアの向上サイクルが上手くまわり、7~9のキーワードが相対的に多くなると、4や5のキーワードが必要なくなることもありえます。そうなった場合は、コンバージョン率やクリック率が低い実績を上げていないキーワードを、品質スコア4や5の中から探して削除しても良いですね。

 
 

Pocket